ウイルス性胃腸炎がうつり家族全員が感染!再感染は?我が家の事例を晒す!

胃腸炎

12月になり、ぐっと冷え込んできました。我が家では先週末、次男(1歳半)がウイルス性胃腸炎に感染し、

それを発端として家族に感染が拡大し、家族全員感染しました(>_<)

胃腸炎がうつると本当に辛いので、自分の備忘録も兼ねて、感染予防のたたき台としてさらしておきます!

また、家族間で、再感染(同じウイルスに再びかかること)ってあるんでしょうか?

同じウイルスを家族内でグルグル何度も感染して終わらない・・となるととってもつらいので、再感染についてもまとめています。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎がうつり家族全滅!最悪の週末に(>_<)

ウイルス性胃腸炎で家族全滅したときの流れを時系列で簡単にまとめるとこう。

我が家の家族構成は、父、母(私)、長男、長女、次男の5人家族です。

金曜日から、病気の魔の手が襲いかかる

事の発端は、次男(1歳半)の嘔吐です。

金曜日
それまで、元気だったのが、金曜日の夜、寝たあとに、次男が突然嘔吐。
夜通し嘔吐し、翌朝にはおさまる。土曜日
その日の午前に病院受診。「ウイルス性胃腸炎」と診断される。
嘔吐がおさまったので、「良かった~」と思っていたら、
その日の夜に、長男が突然嘔吐。
しばらくした後に、長女も嘔吐。日曜日
長男が時々嘔吐と下痢を繰り返す月曜日
長男、少し症状がおさまってくる。
家族全員、学校や園を休むことに
たまたま、夫が仕事休みだったので看病を手伝ってもらう月曜夜に、が嘔吐開始

火曜日
夫ダウン。仕事休みの連絡を入れる

水曜日(今日)
夫回復し、仕事へ。が具合悪くなる

とまあ、こんな感じです(>_<) 腹痛にもだえながら今書いてます(-_-;)

ウイルス性胃腸炎に家族全員が感染したのはなぜか?感染予防がいかに難しいか!

「ウイルス性胃腸炎は感染力が強く、感染予防がとっても大事ですよ!」と、よく言われますよね?

一応、私も医療従事者のはしくれ(ホントにはしっこだけど(苦笑))なので、

予防法とか予防の大切さとか、うつったら大変だ、というのは分かるのですが、

いざ、かかると感染予防がどんなに大変か

よくよく分かりましたので、覚えているうちに書いておきます(-_-;)

家族への感染予防ここが大変その1 嘔吐は突然やってくる

きっかけとなった次男の嘔吐なのですが、それまで全く元気で調子の悪い兆候なんて全然分かりませんでした
夜、布団に入り、皆が寝付いてしばらくしたあと、「ウエッ、ウエッ・・」と2回、うなりだしたので、

「あっ!!これマズい!!胃腸炎かもしれない!!」って私が思った瞬間、

布団に向かって嘔吐 (ToT)

時すでに遅し・・・
枕、シーツ、布団・・・・全部嘔吐物で汚れてしまいました(>_<)

ウイルス性胃腸炎って、経験上、結構派手に勢いよく吐くので、
トイレに駆け込んだり、ビニール袋に吐けなかったりすると、
かなり広範囲に吐いてしまいます。
(これきっとウイルスが狙ってやっているに違いない!と思います(-_-;))

断言します。
嘔吐は光の速さでやってきます。

スポンサーリンク

家族への感染予防ここが大変その2 突然発症するので、焦ってしまい適切な対応が難しい

次男が嘔吐したとき、私、夫、長男、長女が同室でした。

私と夫は飛び起きたものの、上の子供たち2人はすやすや寝ていて、
大急ぎで、嘔吐物の処理と汚れたものを除去して、私と次男が別室に寝て過ごすようにしました。

このときは、とっさに、「上の子供たちを起こすのは可哀想だから」と思って、私が別室に寝たのですが、

後で、「上の子たちを起こして別室に寝かせれば良かった!!」と思いました。

というのは、嘔吐していた部屋なので、嘔吐物から出たウイルスが飛散(飛び散っている)している可能性が高いんですね。

それなのに、その部屋に上の子たちをそのまま寝かせていれば感染のリスクは高くなるはずです。

改めて冷静に考えると分かることなのですが、そのときは、突然の子供の嘔吐にびっくりして飛び起きて、

動揺しまくり、だったので、とてもとてもそこまで考えが思い付かなかったです・・・・(ToT)

家族への感染予防ここが大変その3 子供に感染予防を徹底させることって難しい

普段から手洗いうがいを口を酸っぱくして伝えている我が家ですが、

大人から見て
「ああっ!!それはマズいのに!!」っていうのが、子供には分からず無意識にやってしまってたりします。

長男が嘔吐したとき、ビニール袋に吐いた後、私が嘔吐物を捨てにいく一瞬の間に、

長男、口を服の袖で拭いてるっつ!!!
しかも、長女がやってきて、じゃれ合ってる!!

ぎゃあああああーーーーーーーー∑(✘Д✘๑)

案の定、長女もガッツリうつりました・・・

家族への感染予防ここが大変その4 夫もテンパる

金曜日から始まった胃腸炎デスマーチですが、月曜日にはついに夫に伝播。
盛大に吐いていたので、

「消毒ちゃんとした?」と聞くと、
「そういえば・・長女の嘔吐の処理をしたときに、手洗いしかしてなかった・・・」と。

ええっつ    Σ(°□°)⊃——マジッ

そりゃあ、うつるよ・・・・(-_-;) 胃腸炎の感染力の強さを舐めてはいけません!!

ウイルス性胃腸炎の再感染はあったか?再感染ってするのかどうか知っておこう

これだけ、家族が次々に感染すると、次は、「再感染」、夫や私も感染したので、それが再び次男や上の子供たちにうつらないかどうかというのが気になります。

で、現在のところは再感染なく、上の子供たちは元気に登園、登校できています。

この辺りについて心配になったので、知り合いの看護士に確認したり自分でも調べてみました。
その結果わかったことをまとめておきます。

ウイルス性胃腸炎でも、1度感染すれば抗体ができ、全く同じウイルスに対しては免疫力がつきます。(ウイルス性胃腸炎でも種類が異なれば、感染します)

なので、理屈の上では、再感染はない、つまり、我が家の例で言えば、私や夫から子供たちにうつることはないはずなのですが、

ウイルスと戦ったすぐあとは、免疫システムに抗体ができたとしても、免疫システム自体が戦いに疲れていて、力が及ばず、再感染してしまうケースもあるとのことです。

抗体ができて戦い方を知っているので普通なら勝つんだけども、疲労が残っていて戦うパワーがなくて再感染してしまうというイメージです(伝わりますかね?)

なので、実際は、子供たちが再感染する可能性はあるということで注意していきたいと思います!
お子さんをお持ちの方も家族感染ってとても気になると思いますので、参考にしてみてください!

次の記事も、ウイルス性胃腸炎で気をつけることを書いてみたいと思います!

【関連記事:ウイルス性胃腸炎の続きや対処法についてはこちらです】

ウイルス性胃腸炎の家族への再感染を予防する!子供への対処法【我が家の感染事例から分析】

ウイルス性胃腸炎の感染期間は?いつまで休む?登園許可は必要?

ウイルス性胃腸炎の再感染の予防で免疫を上げる方法!料理や食べ物は?【シーズンで何度もかかることを防ぐために】

【オススメ!子供の病気について書いたまとめ記事です】

子供の病気について書いた記事をまとめています感染予防についての記事もあります。

RSウイルスノロウイルス、感染性胃腸炎など、赤ちゃんや子供が感染するとやっかいな病気について、

感染対策や気をつけることについてまとめていますので、重症化の予防のためにも知識をつけておきましょう!

子供の冬の感染症や病気の記事のまとめ

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。