ウイルス性胃腸炎の再感染の予防で免疫を上げる方法!料理や食べ物は?【シーズンで何度もかかることを防ぐために】

感染予防

次男と私がウイルス性胃腸炎でこの一週間苦しんできましたが、ようやく回復しつつあります(*^_^*)

来週からは次男は保育園に復帰できそうです。

すると、次に気になるのは、ウイルス性胃腸炎の再感染・・・。
園に行って、別のウイルス性胃腸炎にまた感染しないか!?ということです。

元気になっても、ウイルス性胃腸炎はワンシーズンに何度もかかることで有名ですし、それは何とか阻止したい!!!

なので、感染予防として母ができることをまとめてみました。

また、子供だけ、あるいは、大人だけで感染予防を頑張っても、家族から他の家族に感染してしまう場合もあるでしょうし、

家族全員で感染予防に取り組めるような感じでまとめています。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎の再感染の予防!シーズンで何度もかかることを防ぎたい

前回は、「同じウイルス性胃腸炎に再感染することを予防する」ことを書きました。

例えば、子供から親や家族に胃腸炎がうつってしまい、それが再び子供に再感染してしまう場合のときです。

その場合の対応については、こちらに書いています。
ウイルス性胃腸炎の家族への再感染を予防する!子供への対処法【我が家の感染事例から分析】

それで、今回は、「せっかくしっかり休んでウイルス性胃腸炎が回復したのに、園や小学校に復帰したら、また別のウイルス性胃腸炎にかかってしまった」とか、

「冬になると、何度も何度もウイルス性胃腸炎に感染するので、もう何とかしたい!!」という場合について書いています。

では、結論からいきます。

何度もウイルス性胃腸炎にかかるのを予防するには、

「体の外側」の予防アプローチ
「体の内側」の予防アプローチを両方やるとよいです。

「外側のアプローチ」

・人混みを避ける
・病気の感染予防策を徹底する

「内側のアプローチ」

・体の免疫力を上げる方法を試す
・腸内の免疫力を上げる食事を意識して食べる

ウチとソトの両方!」で覚えて下さいね。

ウイルス性胃腸炎に何度も感染することを阻止するために必要な「外側のアプローチ」

これは、ウイルスが体に入ってくることを防ぐことです。

なので、手洗いうがいや手指消毒
赤ちゃんの手の消毒でおすすめの方法は?アルコールは大丈夫?ノンアルコールでよいものは?
マスクをする

消毒や除菌に気をつける、
ノロウイルスの消毒を簡単で安全にできる方法!子供や赤ちゃんにも!

などのことです。

詳しくは、それぞれで別の記事でも書いていますので、気になる方は、確認してみてくださいね。

ただ、これだけでは片手落ちになってしまうというか、「内側のアプローチ」も同時にやることが大切になってきます。

免疫力を上げる方法とは?ウイルス性胃腸炎の再感染を防ぐためにできること

どんなに、「ウイルスが体の中に侵入することを防ごうと頑張っても、100%阻止することはできません。
だから、内側の免疫細胞の力をつけてあげて、ウイルスに対する戦闘力を上げていくことも大事です。

「免疫力を上げる」ための方法とは?

体温を上げる

体温を上げると、なぜ免疫力が上がるのかと言うと、
まず、体温が上がると、血液のめぐりがよくなります(血流が良くなる)。

血液というのは、体のいろんな細胞に栄養と酸素を送り届けたり、老廃物を持ち帰る働きをしています。その血液の中に、白血球というのがあるのですが、これが免疫機能をもっています。この白血球が体の中をめぐることで、体内に異物がないかどうかパトロールしています。

そのため、血流が悪いと、白血球のパトロールも遅くなり、結果、ウイルスや細菌の発見が遅れてしまい、発病しやすくなってしまいます。

なので、冷え予防をすることが大事です。

運動をする

冷えや低体温の原因の9割は筋肉量の低下と言われています。
筋肉は人体で最も熱を発生させる器官なので、筋肉が少なくなると、体温も下がります。

そのため、日常で意識して運動すると良いです。

といっても、ジムなど、どこかにわざわざ通う必要はありません。
勝間和代さんの本によると、ジムなどは本当に好きな人を除くと、挫折率が非常に高いそうです。

なので、電車通勤をしている方ならエスカレーターを使わずに階段を使って移動する、
マンション住まいなら、階段で行き来する(私は以前、マンションに住んでいたので、帰宅するたびに階段で行き来するといい運動になりました(*^_^*))、
のような、「ついで運動」がおすすめです。

お子さんがいるお家は、できるだけ家に閉じこもらずに、暖かい日はどんどん屋外に出て、公園で遊んだり、ボール遊びなどすると、運動量も多くて子供も楽しいですし、良いですよ♪

我が家では、「自然観察公園」といって、季節折々の木々や植物の様子を観察しながら、散歩できる公園が近くにあって、そこをまわるだけで結構な運動量になるので、子供たちと一緒によく通っています。

(土日に、「子供たちをどこに連れて行こう(>_<)」と悩んだときにも良く行きます(^^;))

スポンサーリンク

免疫力を上げる食べ物や料理は?腸内の免疫パワーを上げて胃腸炎を防ぐ!

免疫力の60%~70%は腸内になるとも言われています。
そのため、腸内環境を良好に保つことで、免疫力の低下を防ぐことができます。

発酵食品

腸内細菌のバランスを整える働きがあります。
ヨーグルト、漬け物、味噌、納豆などです。

ヨーグルトが有名ですが、日本人は乳製品が体に合わない場合もあります。
その点、味噌はおすすめで、日本人にとってなじみ深い食品で、亜鉛も含んでいるため、免疫細胞を保護する効果も期待できます。

食物繊維やオリゴ糖

免疫細胞のバランスを改善してくれます。

ポリフェロール類

トマト、リンゴ、お茶など

免疫細胞自体に働きかける栄養素

タンパク質・・細胞の主成分となる
ビタミンAやビタミンE・・細胞の免疫機能を保持する
亜鉛やセレン、銅、マンガンなどのミネラル類・・免疫細胞を保護する。

腸内環境を整える料理を考えてみた

いくら体にいいからと言っても、なじみのない料理だと続きませんので、和食でなじみのある料理、あるいは作りやすい料理で考えてみました♪

具だくさん味噌汁

味噌は、発酵食品なので腸内細菌のバランスを整えます。
わかめを入れれば、水溶性の食物繊維をとれます。
残り野菜を入れれば食費節約になるし、毎日取り入れても飽きませんよね

筑前煮

根菜類やこんにゃくが入っていて、食物繊維が豊富にとれます。
にんじんからはビタミンAがとれますし、鶏肉からはタンパク質が摂取できます。
汁気を煮詰めれば数日持つので、作り置きにもおすすめです。

ミネストローネ

子どもが飲みやすいのでおすすめです。
トマトは「1日1個食べると医者が青ざめる」と言われるほど栄養価が高い食べ物です。
ただ、体を冷やす働きもあるので、ミネストローネのように温めて食べる料理がおすすめです。

【感染性胃腸炎は、他にもこんな記事があります】
ウイルス性胃腸炎がうつり家族全員が感染!再感染は?我が家の事例を晒す!
ウイルス性胃腸炎の家族への再感染を予防する!子供への対処法【我が家の感染事例から分析】
ウイルス性胃腸炎の感染期間は?いつまで休む?登園許可は必要?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。