地鎮祭など初穂料ののし袋はどこで買う?売ってる所は?ダイソーやコンビニでも売ってる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
地鎮祭など初穂料ののし袋はどこで買う?売ってる所は?ダイソーやコンビニでも売ってる?住宅
住宅

地鎮祭などで神主さんへお渡しする「初穂料(はつほりょう:または玉串料)」。

初穂料を包むための「のし袋」はどこで買えばいい?どんなものがいい?


日々忙しいですし、ぱっと買えるといいですよね。


ご近所のダイソーやスーパーで売ってる?
水引が印刷された簡易ののし袋でもいいのか?

初穂料(玉串料)を包む用ののし袋が買える場所、
地鎮祭やその他「初穂料」を納めるときに、ふさわしい水引の種類について分かりやすく整理しておきます。

関連記事 地鎮祭で迷うこと、分かりづらいことを解説した記事をまとめました。

スポンサーリンク

地鎮祭などの初穂料ののし袋どこで買う?どこで売ってる?

まず、地鎮祭ののし袋を買えるところですが・・

ホームセンター
スーパー、コンビニ
ドラッグストア
文房具店
百貨店
100均


などで買えます。

地鎮祭で使うのし袋は、「水引が紅白で蝶結び(花結び)」のものです。(ちなみに、七五三やお宮参りなども「蝶結び」が使われます。(下の2つの写真を参照)

ただし、こういう水引が印刷されたのし袋ではなく↓

このような、水引がついていて内袋があるもの↓↓が一般的です。

基本はこちらを選ぶようにします。七五三やお宮参りの場合も水引がついている方が丁寧な印象です。

水引が印刷された「簡易なタイプののし袋」は、コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどほぼどこでも買えますが、

「水引と内袋がついているのし袋」は種類によっては、コンビニやドラッグストアに置いていないこともあります。

↑これは関西在住の筆者が撮影したもの。

ドラッグストアののし袋の品揃えなんですが、
地鎮祭で使う「紅白蝶結び」ののし袋がありません。

ですので、本格的なのし袋を選んで買いたい場合、大きめの文房具店、百貨店など、規模の大きいお店まで出かけた方が確実だと思います。

地鎮祭などの初穂料ののし袋はダイソーや100均で売ってる?(関西)

その点、ダイソーはおすすめ。

ダイソーだと、こんな感じ↑↑の品揃えです。

水引がついているのし袋もちゃんと置いていますし、使いやすそうなデザインののし袋が一通り揃っています。

ままりい
ままりい

写真を撮ったところは、売り場面積が広いダイソーですが、スーパーの一角にあるようなダイソーでも、「のし袋」の種類は必要なものが一通りそろっていることが多いです♪品揃えがいいです!

初穂料ののし袋、コンビニだと?

ちなみに、コンビニの品揃えは・・・

↑↑こんな感じで、ドラッグストアより品揃えは少なめ。

「水引が蝶結び(花結び)」のものはありませんでした・・・・

筆者の住む関西限定だと思うのですが・・・

関西だと、
写真にあるように、「紅白の「あわじ結び」の水引(後で説明します)ののし袋」はコンビニやドラッグストアでも、割とどこでも置いているんですが、

「紅白の「蝶結び(花結び)」の水引ののし袋」は、コンビニやドラッグストアでは売ってなかったですね・・

ですので、「紅白の蝶結び(花結び)の水引ののし袋」を使いたい場合は、
まず、手軽に行ける100均で探してみて、

なければ大きめ文房具店、ホームセンター、百貨店で探してみるのが確実かなと思います。

(関西以外だと品揃えが違うかもしれません)

ただ、地鎮祭に使うのし袋は、「あわじ結び」も使える(これは地域にもよります)ので、
あわじ結びのものであれば、コンビニでもドラッグストアでも簡単に手に入ります♪

水引の種類については、後で詳しく解説しますね。

地鎮祭ののし袋、印刷されたものはダメ?

また、「水引が印刷されたのし袋」なら、コンビニやドラッグストアでもほぼどこでも売っているので、手に入りやすいです。

この「水引が印刷されたのし袋」を使って良いかどうかなんですが・・・

実際に神主さんに聞いたところ、印刷されたものでも、水引がちゃんとついているものでもどちらでも大丈夫!気にしないです、とのことです。

印刷されたのし袋はタブーというわけではないので安心してくださいね。

ただ・・一般的なマナーとしては、

・印刷された「のし袋」は、簡易のもの
目安として「1万円まで」のお札を入れるときに使う。

1万円以上のお札を入れる場合は、「水引」「内袋」がついた「のし袋」を選ぶ

と言われています。

どうしても準備が直前になってしまって手に入らない!という場合は、無理せず印刷されたのし袋でもじゅうぶんなのですが、

もし準備に余裕がある場合は、のし袋への配慮もできていればスマートです。

地鎮祭や初穂料ののし袋の種類は?水引や結び方はどれがいい?

のし袋や水引には色んな種類がありますが、

地鎮祭や、あとはお宮参りや七五三など・・神社へ「初穂料」を納めるとき、どののし袋を選べばいいか?

あらためて整理して書いていますので参考にしてみてください。

のし袋には紐が結ばれていますが、
この紐を水引(みずひき)と呼びます。

お祝い事ですと、色は紅白が基本です。

初穂料ののし袋の種類は?

水引の結び方には、上のイラストだと左から、

「蝶結び(花結び)」「結び切り」「あわじ結び(あわび結び)」


の3種類があります。

初穂料ののし袋の種類1 蝶結び(花結び)

まず「地鎮祭」の初穂料として納めるのに使うのし袋はこれです↓

お祝い事で広く使われるのが「蝶結び」
地鎮祭のほか、お宮参り、七五三のときに使われます。

蝶結びは何度でも結び直せる事ができるので、
「何度あっても良いお祝い事」に使われます。

「家を建てること」や「お子さんが無事成長したこと」は何度やっても良いお祝いなので、
「蝶結び」がふさわしいです。

あとは、「厄除け」でも紅白蝶結びのし袋が使われます。

初穂料ののし袋の種類2 あわじ結び(あわび結び)

次に「あわじ結び」。こちらは関西より西でよく使われる結び方です。

方結びをゆるく結んだような形のもので、
輪の部分が貝の「あわび」に似ていることから、その名が付いたと言われています。

引っ張るとほどけないという形から「末永く続くように」といった意味が込められています。

「今回かぎり」のお祝いやお礼、弔事に使われますが、
特に関西地方では、お祝いごと全般に使われることもあります。

 「家が末永く続きますように」という意味をこめて、地鎮祭で「あわじ結び」ののし袋を使う場合もあります。

ままりい
ままりい

ちなみに、筆者は関西ですが、
地鎮祭に「あわじ結び」を使っても違和感は感じないのですが、

七五三やお宮参りには、「あまりあわじ結びは使わないかな・・」といった感じです。
実際に七五三のお祝いを頂いたりするときも、「蝶結び」ののし袋でいただくことがほとんどです。

私自身は、地鎮祭、七五三、どちらも「蝶結びの水引の熨斗袋」で初穂料を納めています。

この辺の感覚は地域によると思います。筆者の地域だけかもしれませんので(^^;) あくまで参考程度に。

初穂料ののし袋の種類3 結び切り

3つめは「結び切り」

こちらは「一度結ぶとほどけない」ため、「一度きり」といった意味で用いられます。
主に結婚式のときに使われます。

地鎮祭では通常、「蝶結び」や「あわじ結び」が多く使われ、この「結び切り」を使用することはあまりありません。

地鎮祭など初穂料ののし袋はどこで買う?売ってる所は?ダイソーやコンビニでも売ってる?さいごに

以上、地鎮祭や七五三など・・・初穂料ののし袋を買うときに売っているお店についてでした。

「どこに売っているか急いで知りたい!」っていうときはぜひ参考にしてみてくださいね。

神社へお渡しする「のし袋」に関しては、マナーや形式に沿っていることが大事で(できる範囲で構いません)、必ずしも高いものでなくても構いません。

ダイソーや100均もうまく利用してみてくださいね。

関連記事 地鎮祭で迷うこと、分かりづらいことを解説した記事をまとめました。

Advertisements
ふるさと納税は「楽天」が手軽にできてお得。

オリコンで「ふるさと納税サイト総合第一位」!

普段使っている楽天サイトと同じように申し込めて、

楽天ポイントが使えたり、新たに楽天ポイントももらえるなど、便利でお得です♪

ままりいをフォローする
スポンサーリンク
ADDままろぐ
タイトルとURLをコピーしました