春服と秋服の違いは?春秋兼用できる服や同じものを着回すコツは?【記事のまとめ】

服の選び方・断捨離・長く着るコツ
服の選び方・断捨離・長く着るコツ

 春服と秋服、どちらの季節でも着られそう・・と思いがちですが、それぞれ微妙な違いがあります。

 違いが分かれば、どちらの季節でも使える服をうまく選んで長く着られてお得です♪

 春秋兼用できる服の選び方、うまく着回すコツについて書いた記事をまとめています。

関連記事 通年着られる定番服を持っておくと服の数が少なくて済むしコーデも迷いません。

スポンサーリンク

春服と秋服の違いは?

ままりい
ままりい

春服と秋服とでは、

・素材
・色

に違いがあります。

素材の場合、

だと薄くて通気性がいいもの
だと温かみがあるもの

ままりい
ままりい

春は、どんどん温かくなるので、通気性がよく、見た目もふんわりした素材が好まれます。

例えば、コットン、リネンなどの天然素材、しなやかなポリエステル素材、シフォンなど・・

一方、秋はどんどん寒さが厳しくなります。

春と同じ気温でも、保温性に長けた素材が好まれます。

裏地付き、厚めの生地、ウール素材など・・がよく使われます。

の場合、

だと、花や若葉を連想させる、柔らかく華やかなカラー
だと、紅葉を意識させる重め暗めのカラー

春や花や若葉が芽吹く季節なので、カラフルで優しい色合いの服が多いです。

パステルカラー、ビタミンカラー、シャーベットカラーなど、カラフルなお洋服が多いです。

ままりい
ままりい

一方の秋ですと、熱い夏が終わりどんどん寒くなってきます。

夏まで使われてきたビビッドカラーやカラフルな色合いより、落ち着いた色合いが好まれます。

 

紅葉をイメージさせるボルドー、ワインレッド、茶色系など、大人っぽくシックな色合いのお洋服が多いです。

こんな感じでけっこう真逆なんですね。

スポンサーリンク

春服と秋服を兼用したい場合は?

ですので、

季節感を意識して服を選びたい場合は、上にあげた特徴の服を選ぶといいですし、

一方で、春も秋も同じ服を着回したい!・・という場合は、

あまり考えずに春服や秋服を選んでしまうと、逆の季節のときに全身を合わせて見ると違和感を感じたり、ちぐはぐになってしまいます(>_<)

一瞬しか着られないのは嫌・・

せっかく買うなら春も秋も着回しできるものの方が便利なんだけど・・

そういう場合は、素材でも色でも、春と秋どちらでも使われるものがあって、そういう色や素材を選べば、両方着ることができます。

年中使いやすい代表的な素材は「ポリエステル素材」ですね。春・秋はもちろん、重ね着をすればオールシーズン使えます。

他にも春と秋で兼用できる素材やデザインの服を詳しく知りたい場合はこちらの記事で↓

春と秋の服の違いを分かりやすくお伝えした上で、春秋兼用できる素材や色を選ぶポイントを詳しく解説しています。

スポンサーリンク

春秋兼用できるアウターは?

 スプリングコートや、秋の初めに売られているコートは薄手のものが多く、そこそこ高いお値段なのに、一瞬しか着ることができません(^^;)

 

どちらかしか着られないと、年によっては、すぐ暑くなったり寒くなったりするので、着る機会が全くなかった!ということもあります。

 

個人的には、春も秋も着られるものを選んだ方が断然お得だと思います。

 秋服や春服と同じように、「秋に着ると違和感が出る春アウター」とか、
逆に、「春に着ると変な感じになる秋アウター」などがありますので、


どちらも着られるアウターをうまく探すのがコツです。

トレンチコートを春秋兼用したいなら?

春と秋で兼用できるアウターならトレンチコートがとてもおすすめ!

うまく着れば冬も着られるので、かなり長く着られて便利です♪

ポイントはオーソドックスなつくりのトレンチコートを買うことなんですが、

いつの時期に、どういうものを買えばいいかはこちらの記事で詳しくお伝えしています↓

使いやすいトレンチが手に入れば、着回しのバリエーションも多く、本当に便利です。
コーデのコツや重ね着の仕方まで、トレンチについて役立つ記事はこちら↓でまとめています。

スプリングコートを春秋兼用したいなら?

スプリングコートや合いの季節用のコート(薄手のコート)も、秋も春も両方着られるものがあります。

選び方のコツはこちら↓

他にも、春と秋のアウターの違い、春と秋で兼用できるアウターを探すときのコツはこちら↓

スポンサーリンク

服を春秋兼用するコツ、他には?

ドレスコードなしのディナーの服装どうする?

通年着られる素材やデザインの服を選ぶ

 

春も秋も着たい・・と思う場合、「通年着られる定番服」を持っておくとすごく便利です♪

 「定番服」というのは、どんなアイテムにも合わせやすい、白Tシャツとか、シンプルな黒パンツ・・等のことなんですが・・。

 こういうのがあると、春秋以外にも年中着られるので、服も減らせてすごく使いやすいです。

年中同じ服着てる・・みたいにならない?

そういう場合は、定番服に、春っぽいストールや、秋冬っぽいマフラーを合わせるなど、小物で調整します!

 

季節感あるコーデになるし、定番服は「シンプルなので印象に残らない」のが逆にメリット

 

小物でアクセントを作れば年中着ていても、不思議と「しょっちゅう着てる」みたいに思われません!笑

 体感的に、こういう定番服がワードローブの中に5割以上あれば、コーデに悩むことがなくなるし、少ない服で着回せるし、季節らしさも出せるし、すごくメリットが大きかったですよ。


 定番服のなかでも使いやすいアイテムについては、こちらでまとめています↓

ままりい
ままりい

春秋でアウターを兼用するのもそうですが、アウターの数自体も少なくできると便利です。


アウターって可愛い&お洒落なデザインのものが多いので、ついつい買ってしまいがちですが、流行もけっこうあります。

流行りのデザインのものを買ってしまうと来年着られなかったり、合わせづらかったり・・となりがちなので、基本は定番もの、春も秋も着やすいもの・・を選んだ方が長く着られてお得です。

これは余談ですが、アウターの悩みがち・・。

どんなに万能なコートでも、変な色を買ってしまうと、手持ちの服に合わず全然使わなかった・・となりがちです。
(筆者も経験済みです(^^;))

なので、こちら↓の記事で「このアウターならこの色が使いやすい!」っていうのもあげています。色選びに迷うなら取りあえずこの色を買っておけば、大きな失敗はないはず・・ww

スポンサーリンク

春服と秋服の違いは?同じように着ていい?春秋兼用するコツは?さいごに

 春と秋と同じ服で着回せると、服の数がぐっと減る上に、管理もラクですし、着回しやコーデに悩むことがぐっと減るのでおすすめです。

 さらに定番服も揃えておくと、コーデがさらにラクになります。よければこちら↓も参考にしてみてくださいね(*^_^*)

タイトルとURLをコピーしました