春にニットカーディガンやセーターはおかしい?いつまで?3・4・5月のニットの着こなしは?

春にニットカーディガンやセーターはおかしい?いつまで?3・4・5月のニットの着こなしは?服の選び方・断捨離・長く着るコツ
服の選び方・断捨離・長く着るコツ

春にニットやセーターを着たいけど、「おかしい?」「季節外れ?」って思われないかな・・
何月までなら着ても大丈夫なのかな?
秋冬用のニットを着ても大丈夫なのかな?

そうしたニットの悩みについてお答えしていきます♪

関連記事 春服と秋服を兼用するための選び方やコツ。春秋兼用できるアウターの記事をまとめています↓

スポンサーリンク

春にニットカーディガンやセーターはおかしい?

秋冬に買ったニットカーディガンやセーター、
春も着られると便利なんだけど、おかしくないかな?

 

季節外れって思われる?

 

いえいえ!春も着られます。どんどん着てください!


ただ、秋冬用のニットと春夏用のニットでは

・素材
・色
・デザイン

に違いがあるので、そこに気を付けると、季節感に合ったコーデになります♪

「素材」「色」「デザイン」に気を付けるとは・・?

ままりい
ままりい

ポイントは、
・暖かくなってくるにつれて、コットンやポリエステル素材などの通気性のいい素材を選ぶ
・春らしい明るめカラーや定番カラーを選ぶ
落ち感、とろみ感のある生地やデザインだと使いやすい

です。

次から詳しく見ていきますね~。

スポンサーリンク

春にニットやニットカーディガンはいつまで着られる?何月まで大丈夫?月ごとの着こなしのポイントは?

ままりい
ままりい

まず、春だとニットやセーターは5月くらいまで着られます♪

さすがに夏は着られないですもんね~・・・

実は、夏用ニットというのもあるんですよ~。
Tシャツに比べて、上品で大人っぽい雰囲気が出るのでおすすめのアイテムなんです。


ただし、それは「夏用に作られたニット」なので。

通常のニットでしたら、6月以降は蒸し暑くなってしまって、着るのは難しいです・・

それまでは、どんどんニットを着てもらって大丈夫です♪

ただ、どんなニットでもいいというわけじゃなくって、そのときの気温に合ったニットというのがあるので、そこを詳しくお伝えしていきますね~。

結論を言うと、春も含めて、夏以外のオールシーズン使いやすいニット素材は、

・薄手のメリノウール
・コットン


の2つです。

もし今からニットを買いたい・・というなら、この2つの素材のものがおすすめです。

コットン素材のニット↓ 春らしい柔らかくキレイな色のニットが多いです。


こちらはメリノウール。上品で落ち着いた印象を与えます。ニットの老舗ジョンズメドレーのボートネックニットは高級感があります。


多くの人は、「ニット」「セーター」というと
「ふっくらふわふわ」「温かい」「秋冬に着るもの」
・・というイメージかなと思います。こんな感じ↓

この写真のように、
・ざっくり編んでいる(ローゲージ)
・ふんわりした風合いで暖かい(ウール、アンゴラ、アクリル素材など)

こういうものは、「秋冬向けのセーター」です。

これは春に着ちゃダメなの?

そんなことないですよ~
3月まではまだ肌寒いため活躍することが多いです♪
どんどん着てください!

 

特にニットカーディガンはアウターとしても着るのもアリ!

3月にニットやカーディガンはおかしい?

一般的に秋冬用ニット(厚手ニット)が着られる時期は15度を下回る頃と言われています。


3月の平均気温は15度前後、日中はあたたかくても、朝晩はまだ冷え込むし、アウターが必要なことも多いですし、着ても違和感はないです。

秋冬向けのニットやセーターを着る場合は、「季節感」に気を使うのがポイント。


さっきの写真のような白や明るいカラーのニットだと、春にも合わせやすいです。

他には、ベージュ、グレー、ネイビーといった定番カラーも使いやすいです。

黒、チャコール、ブラウンといった暗めの色のニットしか持ってない・・・泣

その場合は、ボトムスやインナーを白やベージュなど、明るい色にする
または、小物や靴だけでも明るい色にすれば季節感が出るので、全く問題ないですよ!

参考に・・ブラウンを春夏らしくコーデするコツについてはこちらで解説しています↓

特にカーディガンはトップスとしてもアウターとしても使え

寒暖差が激しい3月には重宝します♪

4月や5月にニットは着られる?秋冬ニットとの違いは?

4月や5月にニットは着られる?秋冬ニットとの違いは?

4月以降になると、秋冬用のニットは暑く感じるし、汗を吸収してくれないので、着心地の悪さを感じてしまいます・・

秋冬用のニットよりも、もう少し通気性の良い素材の方が過ごしやすいです。

吸湿性、通気性のあるコットンのほか、ポリエステル素材のものが使いやすく、

風合いも、分厚い、ふわっとしたものでなく、
編み目の細かい、さらっとした手触りの生地が良く使われます(ハイゲージのニット)。


最初にお伝えしたように長くニットを着たい!という場合は、こういうコットンが入っている素材のものが使いやすいです。

春先に販売されているコットンニットだと、薄手ながらも、保温性と通気性の両方の機能があるので、長く使えます。

ままりい
ままりい

ただコットン100%だと、ちょっと重さを感じるかもですね・・・
そういう場合は、コットンとポリエステル混紡のものなどもおすすめ。コットン100%よりも軽く、扱いやすいです。

お値段も、ウール製品より安価なことが多いのでコスパいいです♪
洗濯しやすい、虫食いの被害に合いにくい・・といったメリットがあります。

デメリットはウールのニットと比べて温かさが劣る点。
冬ならアウターやストールを羽織るなど、重ね着コーデが必要なときがあります。

あともうひとつおすすめなのは、「メリノウール」の薄手のニットです!

えっ、さっきウールは冬向けとか言ってたのに!

ままりい
ままりい

実はウールは「一年中使える素材」なんですね。
細い糸を使ったり、編み方を変えることで夏でも使える「サマーウール」というものがあるくらいなんですが、高価でまだあまり一般的ではないんですよ・・

 

ですので、「ウールは冬向け」とお伝えしてました・・ww

ウールは「調湿作用」が優れていて、
「適度な温度は保温して、余分は湿気は外に逃がす」という天然素材ならではの優れた機能を持っています。

寒いときは、暖かい空気の層を作り、
暑いときは、外気の暑い空気を侵入しにくくし、内部の湿気を逃がす・・など、
調整機能が高い素材なんですね。

そんな優れた機能を持つ「ウール」の中でも、繊維が細いものが「メリノウール」です。


ままりい
ままりい

通常のウールよりも繊維が細いため、薄く編むことができます。サラッとしていて滑らかな手触りで、肌に触れてもチクチクしにくいのがメリットです。

「メリノウール」は、その繊細さやしなやかさを出すために、薄手の商品が多く、そういった点からも使いやすいです。

デメリットは、高価なものが多いことや、動物性の繊維などで虫食いの被害に遭いやすいですね・・・

ラフに扱いたい場合は、コットン素材の方が使いやすいかなと思います。

スポンサーリンク

春にニットカーディガンやセーターはおかしい?いつまで?3・4・5月のニットの着こなしは?

ニットカーディガンやセーターは優しい雰囲気になりますし、

秋冬に比べて春夏は、薄着になる分、どうしてもコーデがマンネリしがちです。
ニットを取り入れると、上品で柔らかい印象になるので、うまく取り入れてみてくださいね。

関連記事 春服と秋服を兼用するための選び方やコツ。春秋兼用できるアウターの記事をまとめています↓

タイトルとURLをコピーしました