ブラウニーが生焼けなのか判断の方法は?しっとりとの違いは?対処法は?

ブラウニーが生焼けなのか判断の方法は?しっとりとの違いは?対処法は?
チョコブラウニーの中が焼けているかどうか分からなくて不安!

特に初心者さんの場合など「しっとりレシピ」とか、「ずっしり濃厚レシピ」だったりすると、焼いたブラウニーの中がしっとりなのか生焼けなのかどっちなの!?って判断できないとき困りますよね。

オーソドックスな判断の仕方を説明し、さらに焼いたブラウニーが「しっとりなのか生焼けなのかの違い」を見分けるコツ、竹串を刺す以外の確認する方法についてお伝えします。

そして、生焼けだったときの対処法についてもふれてありますので、チョコブラウニー作りにお困りの方はどうぞです♪

スポンサーリンク

ブラウニーが生焼けかどうかの判断の方法は?

「チョコレートブラウニー」は初心者さんでも比較的作りやすいお菓子なので、
バレンタインや、人にプレゼントするときなど手軽に作りやすいです♪

ワンボウルで作れて、面倒な「ホイップする」という作業がない、というのが大きなメリットなので、筆者のままりいも、初心者さんが、プレゼントやバレンタインで手作りするなら、ぜひおすすめしたいチョコ菓子です。

ただ作りやすいといえども、特に人にあげるときなどは、ブラウニーがきちんと火が通っているかどうか、しっかりと確認しておくことが大事ですよね。

そこで、ブラウニーが生焼けかどうか確認する方法を、初めて作る方でも分かりやすいように、徹底的に書いておきます♪

まず基本の「竹串を刺す」という方法と中が焼けているかどうかの判断の仕方を分かりやすくお伝えしますが、
「竹串を刺しても、生かどうかよう分からんし!(´д`)」ってときもあるじゃないですか(^_^;)?

そういうときの確認の方法についてお伝えしていきます♪

関連記事 こちらもよく読まれています。

ブラウニーの型がないときの代用できる物について。危険性があり代用がダメなものについても書いていますので、型を他のもので代用したい方はお読みください!
ブラウニーの型がない時の代用やダメなもの!新聞紙はOK?他に何が使える?

ブラウニーの正方形の型がないときに代わりに使える身近な代用品の紹介です♪ 使うとマズいよ!!ってものもきちんと説明しています。...

チョコ作りのコツや、型の代用、失敗したときの対処法、リメイクレシピなどの記事をまとめています。
チョコを手作りして失敗したときの復活法やアレンジ!原因・対処・コツなど!

バレンタインをむかえて、チョコを手作りしよう!って思って準備している皆さんお疲れ様です♪ チョコって意外と難しくてうまく溶けて...

ブラウニーの中が焼けているか判断する方法 竹串を使う方法

オーソドックスな方法です。

焼けたブラウニーの上から竹串を刺します。
(竹串がない場合は、菜箸などお箸でもいいですが、跡がくっきりつくので、あるなら竹串の方がおすすめです)

ここのポイントですが、刺すときに真下に刺すのではなく、ななめ下方向に刺すといいですよ。
この方が刺した跡が分かりにくいほか、中の生地がつきやすい、というメリットがあります。

竹串で刺して確認するのはいつ?

焼き上がって、オーブンから出してすぐにチェックするといいですが、

レシピによっては、余熱でチョコが固まっていくものもあるので、そういうものは室内に出して、ブラウニーが冷めてからチェックすると確実です。

スポンサーリンク



ブラウニーが生焼けでないときは?

竹串をさして、何もついてこなければOKです。
また、ボソボソしたもの、焼けたものがついていれば、これも火が通っています。

ブラウニーで中がドロドロの状態なら?

逆に、液体状のもの、トロトロしたものがついていれば、まだ生の状態です。
加熱が足りず、再加熱が必要な状態です。

で、トロトロではないけど、しっとりしたものが竹串についてくる!これはどっちやねん!?ってときがあると思うんですが、

「しっとり」の状態の生地であれば、これから余熱で固まってくることが多いですので、オーブンから出したままブラウニーを冷ましてみて、様子を見ておきます。

冷めた状態のときに、もう一度竹串で確認してみると確実です)

で、めっちゃややこしいのが、ドロドロしたものがついてくるとき。

個体っぽさが強いけど、ドロドロ・・という場合でしたら、余熱が冷めると固まってくる可能性もあります。

特に粉の配合が少なくチョコ多め、バター多めのレシピの場合、中に火は通ってはいるのだけれどチョコが高温で溶けているためにドロドロしていて、余熱が冷めるとしっとりしてくる・・というブラウニーもあります。

この場合も、ブラウニーをしっかりと冷まして、もう一度、竹串で確認してみます。このとき、しっとりした生地がついてくるくらいでしたら、大丈夫です。

再びドロドロしたものがついてくるようでしたら、再加熱が必要です。

なぜ生焼けになってしまったのか原因や、再加熱の方法については、こちらに書いています。

ブラウニー固まらない原因や対処法!生焼けをレンジ加熱や冷やすのは大丈夫?

ブラウニーの中が焼けずにドロドロなのをなんとかしたい! なんとかして生焼けに対処して、美味しいブラウニーに仕上げたいですよね。...

ブラウニーの中が焼けているかどうか竹串以外の確認方法は?

竹串を刺してみても分かりづらいときとか、
「竹串の確認だけじゃあ、ホントに火が入っているかどうか心配!」っていう場合もあるかと思います。私もそういうタイプです(笑)。

特に人にあげるときなどはしっかり確認しておきたいですよね。

そういうときは、

・実際に切ってみて、目で見て確認する方法
・実際に味見をして、中が生かどうか確認する方法

の2つを知っておくと役立ちますよ!

スポンサーリンク



ブラウニーがしっとりなのか生焼けなのかの違いは?どう区別する?

特にありがちなのが、「しっとりしたブラウニーのレシピ」の場合、
中がしっとりしている状態なのか、生焼けなのか、初心者だと判断に迷う・・というものがあります。

余熱で冷ました後に竹串を刺しても、しっとりした生地がついてくる・・。
これって生焼け?しっとりした状態!?どっちやねん!!みたいな(^_^;)

そういう場合など、チョコブラウニーを包丁で切ってみて、断面を目で確認したり、味見をして実際に確認しておくといいです。

特にプレゼントのときなど、ブラウニーは切って、小分けにしてラッピングすることが圧倒的に多いですので、実際に切って確認する方が確実です。

ブラウニーの中が焼けているかどうかの方法1 目でみて確認する方法

では、実際に切ってみて、チョコブラウニーの断面を見てみます。

(余熱で冷ました後で確認した方が確実です)

まず、中が液体状になっているとダメです。

次に、ブラウニーの外側と内側で色の濃さが違っていて、2層になっている・・・中が濃い茶色、外側がそれより薄い茶色みたいに、色の層がはっきりわかれているもの

こういう状態だと、中側に火が通っていないことが多いです。

で、ここがややこしいところなんですが、

2層になっていなくて、外側と内側がグラデーションみたいな感じで色の違いがあるなら、
(外から内にいくにつれてだんだんと茶色が濃くなっているような感じ)

元々しっとりするような配合レシピのために、生地がしっとりしていて、実際には中まで火が通っている

というものもあったりします。

バター多め、粉(小麦粉)少なめの配合など、そんな感じの、中側がしっとりねっとりした食感になります。

チョコブラウニーは、元々が「ママが作る素朴なお菓子」ですので、
「シフォンケーキ」「スポンジケーキ」「パイ」のような、洗練されたふわふわ感、サクサク感よりも、

ずっしり、しっとりした食感が好まれたりしますので、そういうバター多めの濃厚な配分になっていることも多いです。

ややこしいですよね(^_^;)

例えば、ブラウニー専門店「コートクール」のブラウニーが手元にあったので、見てみますね。(こんなやつです↓)

ブラウニーの生焼けの判断の仕方 コートクールの例

外はサックリ&ホロホロ、中はしっとりとした食感で、濃厚ですが味が濃すぎることもなく美味しいです♪

ブラウニーがしっとりか生焼けかの違い 断面を見る

断面を切ってみると、このように、外よりも内側が茶色が濃く、内側にいくにつれて、だんだんと濃くなっています(色が2層になっているのではなく、グラデーションになっているのが分かるかと思います)。

こんな感じで、

・中が液体状だったりドロドロっとしていない
・外側と内側とで、はっきり2層に分かれていない

という状態であれば、きちんと火が通っていることが多いです。

ブラウニーの中が焼けているかどうかの方法1 味見をして確認する方法

目で見ても、やっぱり不安!」という場合は、味見をしてよりしっかり確認しておくと確実です。

一部を切り分けて、実際食べてみます。
(ただし、生だった場合、たくさん食べるとお腹を壊す可能性はあります!(>_<)。ですので、自己責任で少量でお願いします)

一言でいうと、味が美味しいかどうか、がポイントになります。

火が通っている場合、「しっとり、ねっとり、濃い味で美味しい」と感じます。

一方で、
「粉っぽい、ザラザラしている、小麦を水に混ぜたようなドロッとした感覚が残っている」
「粉の味、卵の味、チョコの味が完全に混ざりきって無くって、個々の味がそれぞれやってくるような感じ」
「表面はサクサク、香ばしくて美味しいのに、中はねちっこく、生の生地の味がして、味が微妙」
という感覚なら、まだ火が通っていない可能性が高いです。

原始的な方法ですが(^_^;)、慣れないうちは、こうやって実際に、目と味で確認した方が確実です。

特にお菓子作りになれていないけど、人にプレゼントする場合など、間違って生焼けのものをあげてしまってお腹を壊してしまったりすると大変です! いろんな方法でしっかり判断した方がいいですよ。

スポンサーリンク

ブラウニーが生焼けのときの対処方法は?

再加熱して、中まで火を通す、というのが基本になります。

チョコブラウニーの表面が焦げまくっていて、おいしくなくって食べられない!という状態でさえなければ、再加熱で中まで火を通せば、ちゃんと完成しますので、安心してくださいね。

加熱の仕方としては、

・余熱で冷ましていくうちに固めていく方法
・レンジ加熱をする方法 と、
・アルミホイルをかぶせて、オーブンで焼き直しする方法

があります。

これらについては、次の記事で詳しく解説していきますね。

ブラウニー固まらない原因や対処法!生焼けをレンジ加熱や冷やすのは大丈夫?

ブラウニーの中が焼けずにドロドロなのをなんとかしたい! なんとかして生焼けに対処して、美味しいブラウニーに仕上げたいですよね。...

ブラウニーが生焼けなのか判断の方法は?しっとりとの違いは?対処法は?

ブラウニーはしっとりしたレシピのものが多いですし、また、そういう「しっとり、ずっしり、濃厚系」のブラウニーの方が、個人的な意見ですが、「これぞブラウニー!」って感じで美味しいと思います♪

チョコブラウニーを作り慣れていない方だと、この生地が「しっとり」なのか「生で焼けていない」のか分かりにくいですからね・・。少しでも判断の参考になれば嬉しいです♪

美味しいブラウニーをぜひぜひ作ってみてくださいね(*^_^*)♪

関連記事

チョコを上手く作るコツや、型の代用、失敗したときの対処法、リメイクレシピなどを載せています。
チョコを手作りして失敗したときの復活法やアレンジ!原因・対処・コツなど!
他にもバレンタインの手作りチョコやご飯などについてたくさん書いています♪

バレンタイン手作り簡単レシピとバレンタインご飯や献立!他にも【バレンタインまとめ】

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

Parse error: syntax error, unexpected '<', expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/setuyaku224/add-mama.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/analytics.php on line 42