生チョコの型の代用でバットや他には?クッキングシートの代わりは?

生チョコの型の代用!バット以外は?クッキングシートの代わりは?
こんにちは。チョコ菓子の手作りが大好きなままりいです。

生チョコのがない場合、身近にあるもので代用できますのでわざわざ買いに行かなくてじゅうぶんですよ!

(というか、私まともなお菓子用の型で生チョコ作ったことないです(^^;))

私は実際に何度も生チョコを作っているので、使ってみて使い勝手がいいなあ!と思った型の代用品をお伝えします。

またクッキングシートの代わりになるものについても書いています。

スポンサーリンク

生チョコの型の代用やバットでもいい?他に使えるものはある?

生チョコを作り方を見ていると、どんなレシピでも「型に入れて冷やす」と書いてありますよね。

「じゃあ、その型って何なの!? どんなのが使えるの?」って思うかもしれません。

*生チョコの型の代用は長方形や正方形ならどんなものでもよい

生チョコの型としてバットがよく使われます。

生チョコのために、わざわざお菓子専用の型を買う必要はないですよ。

生チョコの型のバット

このバットがあれば便利なのですが、
もっていない場合は、身近にある長方形または正方形の箱形になっているもので代用できますよ。

四角いお皿、牛乳パック、タッパー、お弁当箱などでOKです。

生チョコの場合、無事ガナッシュができて、さあ型に注ごう!

というときには、だいぶ冷めていて、ほんのり温かいくらいの温度にまで下がってくれるので、

極端に熱に弱い素材以外のものなら、それほど型の素材は気にしなくていいですよ。
耐熱でなくても大丈夫です。

(ただ、念のためチョコが冷めているか確認してから流してください)

生チョコの型の代用で、バットがないとき使いやすいもの

その中でも、牛乳パックタッパーが何かと使いやすくておすすめです。

生チョコの型の代用その1 牛乳パック

牛乳パックのを利用して使います。

生チョコの型の代用の牛乳パック

こんな感じに切り取り、
クッキングペーパーあるいはラップを敷いて使います。

少量の生チョコを作るなら作りやすいですし、必要なくなればいつでも捨てられるので便利です。

板チョコ2枚使う、生チョコレシピなら
【参考記事】生チョコがザラザラせずなめらかになるコツとレシピ!簡単で失敗なし!

牛乳パックの型は2個用意して、半量ずつ流し固めてください。

同じ板チョコ2枚使うレシピでも、牛乳を使う場合、
【参考記事】生チョコは生クリームなしの牛乳で代用できる?その違いや比率は?

牛乳パックの型は1個あればじゅうぶんです。
(牛乳と生クリームは入れる分量が違い、牛乳だと入れる量が少なくてすみます)

生チョコの型の代用その2 タッパー

それ以上、生チョコの分量が多くなるとタッパーがおすすめになってきます。

生チョコの型の代用 タッパー

よく本などでは、「板チョコ4枚」使うレシピが多いです。

その場合は、牛乳パックだと4つ必要になってしまうので、

型を4つ用意するのも大変だし、タッパーの方がいいかなと思います。

タッパーは100均で売られているようなもので大丈夫です。

こちらは生チョコタルトスティックを作ったときの写真です。

生チョコの型の代用でタッパーを使う

型は多少丸みがあっても、生チョコが固まった後、包丁で端を四角に切りそろえてあげればいいので、なんの問題もありません。

(なので、極端な話、四角い型でなくても大丈夫なんですけどね(^^;) 四角の型の方がムダが出ませんので・・)

ちなみに生チョコタルトスティックケーキのレシピはこちらです。
【参考記事】【写真解説つき】生チョコで純ココアがないとき代用できるレシピ!簡単なのに本格派♪

生チョコが作れるなら、作る手間はほとんど変わりませんし、10分くらいで作れて美味しいケーキができます♪

タッパーだとフタができるので、冷蔵庫で冷やし固めるときに使いやすいです。

生チョコは冷蔵庫の臭いが移りやすいので、必ずタッパーのフタをしたり、
型の上からラップをするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

生チョコ作りでクッキングシートを代用するときは何がいい?

クッキングシートとはこんなやつです。

生チョコで使うクッキングシートとは?

クッキングペーパーではないですよ(笑)

オーブンシートともいいます。

普段お菓子作りをしない場合、まず持ってることは少ないと思います。

このオーブンシート、クッキングシートも生チョコ作りのためにわざわざ買う必要はありません。

ラップで代用できます。

このように型にラップを敷き
(私はけっこう適当にやりますが(^^;)、ラップを型に密着するように丁寧に敷くと仕上がりがキレイです)

生チョコでクッキングシートの代わりのラップ

チョコを流します。

生チョコの型を代用

タッパーなら、そのあとフタをして冷蔵庫に入れます。

生チョコ作りでクッキングシートの代わりにラップを使うメリット

固まって取り出すときに、

こうやって、ラップを優しく引っ張れば、簡単に生チョコが型から外れます

生チョコ 型から外す

(生チョコは柔らかいので、この作業が雑だと形が崩れてしまいます(>_<)ので、ゆっくり。
ただ、こうやって引っ張るだけで型から外れるので、ラップだととっても簡単ですよー)

生チョコの型の代用!バット以外は?クッキングシートの代わりは?のまとめ

生チョコの型はバットがなくても、牛乳パックやタッパーで冷やし固めればOKです。

クッキングシートやオーブンシートの代わりに、ラップを敷けばじゅうぶんです。
(というか、我が家にオーブンシートありますけど、生チョコ作りはいつもラップでやってます(^^;)扱いやすいので!)

身近にある材料で気軽に生チョコを作ってみて下さいね(^_^)b

【バレンタインのまとめ記事はこちらから】

生チョコのレシピも話題もたくさんあります。
バレンタイン手作り簡単レシピとバレンタインご飯や献立!他にも【バレンタインまとめ】

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。