【棟上げ】上棟式をしない場合ご祝儀は必要?金額や渡す相手、渡し方は?

【棟上げ】上棟式をしない場合ご祝儀は必要?金額や渡す相手、渡し方は?

我が家では、少し前に住宅を新築したのですが、そのとき、「棟上げ(むねあげ)」のお祝いをどうするかで、悩んだ経験があります(>_<)
我が家は上棟式をしませんでした。

よく「上棟式」をする場合のやり方とか、そのときのご祝儀についてなどは、ネットでも調べられたのですが、

上棟式をしないけど、お祝いはした方が良い?」とか
上棟式をしない棟上げの場合で、ご祝儀を渡すなら、どこまで、どの程度の金額をお渡しすればいいの?」など、
当時はよく分からず、かなり困りました(^^;)

そのときの経験についてや、学んだことをいろいろ書いてみました。
上棟式をしないけど、大工さんへのお祝いって必要なの?」と疑問に思っておられるなら、お役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

上棟式をしない場合ご祝儀はどうする?棟上げのときでもお祝いは必要?

ご祝儀が必要か悩む

我が家の場合、工務店さんから、「○○日は棟上げの予定です~」とサラっと聞いていただけでして、それ以上は、何も聞いていませんでした。

なので、初めは棟上げは「作業工程のひとつなのかな?」くらいにしか思ってませんでした(爆)。

しかし、いろいろ調べてみると「棟上げ」というのは、家の建築において、とても大事な日だそうで。

「棟上げ」とは、家を建てるときに,柱や梁(はり)など骨組みができて棟木(むなぎ)を上げることです。

何人もの大工さんが集まり、1階、2階の骨組みが作られ、屋根までの形が、たった1日で組み上がる

という、スゴイ日なんです!

そして、「上棟式」という「棟上げが無事終わって、感謝を表したり、今後の工事の安全を祈る式」をやる場合、儀式をしたり、餅まきをしたり、大工さんへのご祝儀をあげたり・・・なんだか、イロイロあるらしい・・・ということを知り・・

こ・・こ・・・これは、ウチも何か用意しないといけないのかな!?(゚Д゚)

と、不安になりました・・。

でも、我が家の場合は、大規模分譲地の小さな一軒家

有名なハウスメーカーで建てるわけでもないし、そして、上棟式をするわけでもないので、
こういう場合、ご祝儀をお渡しすべきなのか、何か他にも用意した方がいいのか、とか、さっぱり分かりませんでした。

このとき、まずは営業さんに確認。

「○○日は棟上げの予定になっていますが、こちらで必要なものなど、ありますか?初めてのことで全く分かりませんので、遠慮なく教えてもらえると有り難いのですが・・・」

「お心遣いありがとうございます!お茶などをいただけると有り難いです~」と。

「他に、何か必要なものはありませんか?」

いえいえ、お茶だけで結構です!

という感じで言われました。

本当にご祝儀が必要でないか、再度、工務店に念押しして聞いてみる

こんな感じで、工務店さんからは、「お茶だけで・・」と言われたので、お茶やお菓子、お土産のビールくらいの用意でいいのかな? ご祝儀はかえって恐縮されるのかな??など、ボーっと考えながら、そのことを母に相談。すると、

「遠慮して、『お茶だけで』と言ってるに決まってるじゃないのっ!!!
そんなワケないでしょ!!


もっと、突っ込んで聞きなさい!!

ご祝儀は用意した方がいいかとか
金額はいくらとか、


もっと細かいことこちらから聞かんとアカンでしょ!!」

と、スゴイ剣幕で怒られました(^^;)

な、なるほどー! ちょっとアスペ体質入っている私(ベースはADD)なので、うっかり言葉通り捉えるところでしたヨ(゚Д゚)!!

で、もう一度、営業さんにお電話を。そして、営業さんを通じて現場監督さんにも問い合わせてみました。

はじめは、固辞されていたのですが、何度かお話してみたあとに私が、

「私たちのような新興大規模分譲地で、施主がご祝儀をお渡しするケースって平均して何パーセントくらいおられるんでしょう?

とズバリ聞いてみました。

すると、
「本当にご家庭によって様々ですが、だいたい半数くらいの方がご用意してくださってます。

とのことでした。

おお!!50%!!
本当にご家庭により、様々なんですね~(゚Д゚)
そして、やっぱり渡している人もいるんだー!!

ということで、我が家はご祝儀とおもてなしの用意をすることにしました!

スポンサーリンク

棟上げのときのお祝いを確認したときに学んだこと

私の経験からですが・・
ご祝儀やお茶出しが必要かどうかは、まずは現場監督とか、棟梁等に確認するとよいです。

施主さんにとって一番、連絡の取りやすい方、我が家の場合は、まだ棟梁とお話したことはない一方、現場監督さんとは、何度かお話ししたことがありましたので、営業さん通じて、現場監督に詳しいことを確認しました。

私のときのように、はじめ、ご祝儀のことを聞いても、「いえいえ、お気持ちだけで結構です。」と言われることが多いです。
棟上げのご祝儀は施主が気持ちでするものですので工務店側から言い出すものではない、というのがあるようです。

しかし、大工さん側の視点から見たときに、やはり「気持ち」だけでもいただけると嬉しいというのはあるそうです。

というのは、棟上げは1日で骨組みを作り、屋根までかける仕事ですので、何人も大工さんがいなければ仕上がりません

棟梁はご自身の人脈を使って、たくさんの大工仲間に応援をお願いするのですが、皆さん、ご自身の持ち場があるなかで「この日は棟上げだから」と、わざわざ現場の仕事をストップしてまで、持ち場を離れて応援にかけつけてくれるのです。

スポンサーリンク

そこで施主からのおもてなしや気遣いがあると、棟梁としては、応援にかけつけてくれた仲間へのねぎらいにもなりますし、「施主の気持ちが感じられて嬉しい」というお気持ちになるのです。

とはいえ、大工さんはプロ意識の高い方が多いので、ご祝儀がいただけない、何かおもてなしがないから手を抜くということはありませんので(大工さん曰く、そういう人はプロではないとのこと。)、「ご祝儀を用意しないといけない!?」と不安になりすぎなくてもだいじょうぶです。

我が家の場合でも、現場監督さんが、「最近は共働きの方が多くて、お仕事の都合で棟上げを見にこられないお家も多いです」と言っておられましたし、何もされないケースも本当にあります。

私たちも、本当に心ばかりの額なのですが、やはり人数がそれなりに集まりますので、トータルでは結構な出費になります。予算の問題で、ご祝儀を出すのはしんどいという状況の場合もあるかもしれません。

そのときは、午前10時や午後3時の休憩のときのお茶出しやお菓子を用意するとか、お昼のお弁当を用意するとか、ご挨拶をきちんとさせていただくとか、何かできる範囲のことをするだけでも、「嬉しい」と思ってくださる大工さんも多いですよ。

ちなみに、我が家はご祝儀をお渡しするつもりで準備していたのですが、夫は前日まで

タダでさえ、建築費用に大金がかかってるのに、ご祝儀で余分な出費が増える!それホントに必要なん!?

と言って、反対していましたが・・。

当日、棟上げの様子を夫婦で見学しに行ったところ、

たくさんの大工さんたちがキビキビとお仕事をしている姿、
皆さんの作業の素早さ、美しさに感動!!

そして、夫はその様子を見て、一瞬で

「こんなに家のために頑張ってくれているんだから、気持ちよくご祝儀をお渡ししよう!!」って、
180度、態度が変わりました(笑)

ぜひ、棟上げの様子を見に行くといいですよ~!!
大工さんの技の素晴らしさが見られて、家の骨組みがドンドン作られていく姿に感動しますっ(/_;)

棟上げのご祝儀の金額の相場は?誰に渡せばいい?

ご祝儀

先にも書きましたが、工務店に聞いてみるのが確実ですが、
参考としては、

棟梁 1~2万円、
現場監督 1万円
他の大工さん 5000円

くらいが多いです。
(地域などによっても違うでしょうから、あくまで目安です)

我が家で、お渡しした額としては、

棟梁 1万円(1人)
現場監督 1万円(1人)
他の大工さん 5000円 (10人)
合計:7万円それにプラスして、ビール代1万円休憩の時の飲み物代、お菓子代(詳しい額は忘れました・・(>_<))支出合計:9万円弱

かかっています。

お一人ずつの額は本当にささいなんですが、人数が多いですからトータルでみると、物入りな時期にけっこうな出費になりますよね・・。
(ただ、お仕事ぶりを拝見してからは、気持ちよくお出しすることができましたので、やって良かったです(^_^))

また、誰にお渡しするかですが、
お一人ずつお渡しする方法もあれば、
現場監督さんに、ご祝儀袋に人数分小分けにしたものを一括でお渡しして、皆さんに渡していただくようお願いするという方法もあります。

私は、テンパって渡し損ねる人もいるかもしれないと心配でしたので(笑)、現場監督さんに一括してお渡ししました。

棟上げのご祝儀を渡すタイミングや渡し方は?

お礼

上棟式をしない場合、いつ渡せばいいんだろう?という疑問については、

大工さんのお仕事が終わり、後片付けが済んだ頃を見計らってお渡しできるといいです。

当日、午後3時頃にお茶やお菓子を差し入れしたときに、

「何時頃に終わりそうですか?最後に皆さんにお礼のご挨拶を申し上げたいので、もし予定よりも早まったり遅くなるようでしたら、ご連絡をお願いできますか?」

とお伝えしていました。
(こう伝えると、行き違いを防げるので安心です)

ご祝儀は、当日お渡しするのが慣わしなので、渡す予定ならば、別の日ではなく、必ず、当日の作業終了後にお渡しできるように気をつけてくださいね。

私たち夫婦は、大工さんのお仕事が終わり、後片付けと水まきが終わった頃を見計らって、現場監督に、「今日は1日ありがとうございました。少なくて申し訳ないですけど、皆さんにお渡しください。」とお伝えし、ビールと一緒にお渡ししました。

現場監督は、すぐに大工さんたちに渡してくださり、大工さんお一人ずつご挨拶をして終了しました。

棟上げの当日は、施主も慣れないことをして1日疲れますけど、充実感もあり、楽しかったです(*^_^*)

家がどんどん形になっていく様子や、大工さんの素晴らしい技術を見れる貴重な機会ですし、ぜひ楽しんでくださいね。

【棟上げの記事はこちらにもあります♪】

上棟や棟上げのときに施主はどうしたらいい??迷うときはこちら! おもてなしの仕方やお土産についての記事がたくさんあります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。