コグメドのワーキングメモリートレーニングのレビュー(完結編)

ワーキングメモリーをトレーニングすることで、ワーキングメモリーの力を改善させる、そして注意集中力の問題を改善させる。 そんなトレーニングが、コグメド社の「ワーキングメモリートレーニング」です。 その内容をこれまで2回に渡ってレビューしてきましたが、今回の記事で結論を書いてみようと思います。

コグメドのワーキングメモリートレーニングのレビュー(続き)

ワーキングメモリーを鍛える方法として、コグメド社がワーキングメモリートレーニングというものを開発しています。トレーニングを行うことでワーキングメモリーの改善や注意集中力の向上を狙うとしていますが、その効果は期待できるのでしょうか?同社のホームページから内容のチェックしてレビューをしていきます。

ワーキングメモリーを鍛える方法とは?コグメドの内容を詳しくレビュー

ワーキングメモリートレーニングとは?ADHD症状への対処は、症状の理解や生活環境の工夫のほかに、トレーニングで認知機能の改善を目指すというものもあります。 ADHDの方たちは、「ワーキングメモリー」の力が弱いため、ワーキングメモリーを訓練するリハビリが開発されていますので、その内容をレビューします!

ワーキングメモリーのトレーニングは効果なし?効くか効かないか結局は?

ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の症状に強い影響を与えているとされるワーキングメモリーの問題。 そのワーキングメモリーをトレーニングすることで、ADHD症状の改善がみられたと報告する研究も出てくるようになりました。 一方で、反論もあるようです。このページでは、「ワーキングメモリーのトレーニング効果に対する反論」をご紹介し、「じゃあ、結局どうすればいいの?」と途方にくれてお困りの方へ、私の独断と偏見混じりの意見と治療の取り組み方をお伝えします!