折り紙ちょうちょ立体の折り方♪簡単に子どもが作れ箸置きにもなる作り方は?

折り紙ちょうちょ立体の折り方♪簡単に子どもが作れ箸置きにもなる作り方は?
折り紙のちょうちょの折り方の中で、立体のもの、そして簡単で子どもでも作れる

(幼児などのまだ折り紙になれていないお子さんだと、最後のステップのみ親がサポートしてあげれば大丈夫です)

ものを紹介します。

この折り方は、可愛い箸置きにもなってくれますので、箸置きの作り方もお伝えします。

見た目がとても可愛いので、インテリアやテーブルコーディネートにも使えたりもしますよ♪

ひな祭りの飾りにもぜひ取り入れてください♪

スポンサーリンク

折り紙でちょうちょの立体の折り方で簡単なもの

では、折り方です♪

折り紙を一枚用意します。

半分に折ります。

4つ折りにします。

4つ折りにしたものを広げます。

次は、広げた折り紙を三角に折ります。

さらに、もう半分に折ります。

そして、一度広げます。 タテ・ヨコ・ナナメの折り目がつきました。

この折り目を利用して形を作っていきます。

ナナメ、ヨコの折り目を利用して折ります。

このように、内側に折っていきます。

左右の、折り目に従って、内側に折っていき、

このように折ります。

左右の角を一枚めくって、上の角に合わせて折っていきます。

両方折ったところです。

ひっくり返して、上の角を一枚めくって、下からすこしはみ出るくらいに、折ります。

(はみ出る分量は目分量でいいです。写真ではこのくらい)

はみ出たところを折り返します。

ひっくり返したところです。

中央を内側におります。

このように下からつまむと、しっかりした折り目がつきやすいです。

あとは、羽の形がキレイに見えるように整えて・・

できあがりです!

スポンサーリンク

折り紙ちょうちょ 簡単なので子どもも折りやすいです♪

このちょうちょの折り方は、とても簡単な手順でできますので、お子さんも作ることができます。

お子さんが作る場合、最後のちょうちょを立体にするところだけ、ちょっと難しく感じるかもしれません

そのときは、親御さんがお子さんの横について、お手本を見せてあげたり、
折り方を教えてあげるとコツはつかめると思います。

実際に何度か作ってみて、一度コツをつかめると、じゅうぶんお子さんでも作ることは可能です。
(幼児となると、難しいかもしれませんので、適時、大人がサポートしてあげてください)

折り紙のちょうちょを箸置きにするには?

このような、春らしい折り紙を使いました。

このように折り紙を4つに切ります。

そして、この小さい折り紙でちょうちょを折るだけです(*^_^*)

こんな感じになります。

4つ並べたところです。

こういうアシンメトリーな和柄で作ると、それぞれのちょうちょの表情が変わって可愛いですね。
たくさん作って飾ってみると素敵なインテリアになります♪

折り紙のちょうちょで箸を置いたところです

折り紙のちょうちょで箸置き はしを置いたところ

このように、ナナメに置く形になります。

横向きに置こうとすると、安定が悪くて置けないんですね(^^;)

きちんと横向きに置きたい!という場合は、普通の箸置きの折り方の方が形に安定感があり、おすすめになります。

ただ、この箸置きは可愛いので、小さい女の子は喜びますよ♪

折り紙のちょうちょを使ったテーブルコーディネートもできます♪

こんな感じで、ひな祭りのテーブルコーディネートとして、机を飾った例です。

ひな祭りで折り紙と画用紙を使ったテーブルコーディネート・ピンク

使ったものは、折り紙と画用紙だけ!

百均でそろいます♪
ひな祭りのテーブルコーディネートを百均で簡単安く♪パーティーもOK

ひな祭りパーティーで、子どもと一緒に折り紙を作っても楽しいですよ(*^_^*)
ひな祭りパーティーのゲームや遊びのアイデアで子供と楽しめるもの♪

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。