喪服と礼服とブラックフォーマルの違いで女性なら?慶事に着回しOK?

喪服と礼服とブラックフォーマルの違いで女性なら?慶事に着回しOK?

喪服と礼服とブラックフォーマルって、どこがどう違うの?

この3つを易しく説明します。

特に喪服とブラックフォーマルだと何が違うのか分かりにくいですよね。

またブラックフォーマルで「慶事にも弔時にも両用OK」と書かれている服が売られていたりもするのですが、本当に慶弔で着回ししていいんでしょうか?

ここは、男性と女性では事情が違うところもあります。女性の場合はどうなんでしょう?

この辺りをサクっとスッキリ理解できるよう分かりやすく徹底解説していきます♪

喪服と礼服とブラックフォーマルの違いを簡単に説明!

まずは、

1.喪服、礼服、ブラックフォーマルとは何か?を簡単におさえてから、
2.「喪服と礼服の違い」を理解して、
3.それから、「喪服とブラックフォーマルの違い」を理解する

この順番だと分かりやすいですよ。

では解説です( ^o^)ノ

喪服と礼服とブラックフォーマルとは?

どれも「改まった場で着る服」ですが、それぞれに異なる意味があります。

礼服

冠婚葬祭などのときに着る服の総称

普段と違う「特別な日」にふさわしい服装のこと。
素材やデザインなどに一定の決まりがある、「かしこまった服装」のこと。

喪服

冠婚葬祭のうち、「喪」のときに着る服

色は黒、シンプルなデザイン、露出を抑えたデザインが特徴

ブラックフォーマル

礼服のうち「黒色のもの」を総称したことば

このブラックフォーマルは、概念があいまいなこともあり注意が必要な言葉です。

では、それぞれの言葉の違いが分かるようにもう少し詳しく見ていきます♪

礼服と喪服で女性のときの違いは?

礼服、喪服ともに、「ドレスコード」という服装の決まりがあります。
ともに正礼装を基準とした服装になります。

女性の場合は、下のような感じになります。

礼服

正礼装を基準とした服です。 女性で昼の場合はアフタヌーンドレスが基本です。

正礼装、準礼装、略礼装があります。

(長くなるので、正礼装、準礼装のみ説明します)

正礼装

えりはあまりくくらず(大きく開かないという意味)
袖は長袖、あるいは7~8分袖
肌の露出が少ないのが特徴

同色無地のドレッシーな生地

ワンピースが正式ですが、
アンサンブル、ツーピース、スーツもOK

この正礼装は結婚式の主催者が着るなど、一般にはあまり着る機会は少ないです。

実際に私たちが結婚式や卒入学式などで着る服は、「準礼装」(あるいは略礼装)のことが多いです。

準礼装

アフタヌーンドレスを基準に、でもそこまで改まらずに着られるフォーマルな服装のことを言います。

ドレッシーで、同色無地を基本とした
・ワンピース(袖あり)
・アンサンブル
・ツーピース
・セパレーツ

派手になりすぎなければ、その時々の流行を適度に取り入れたデザインでも可

詳しくはこちらで説明しています。

セミフォーマルの服装で女性だと?ワンピースは準礼装?スーツなら?

結婚式や式典に招待されたときなどによく聞く、「セミフォーマル」。 なんとなく普段着ではいけないことは分かるけど、セミフォーマル...

喪服

冠婚葬祭で着る服を礼服と言いましたが、「喪服」は礼服のうち、「葬」の場面で着る服のことです。

礼服の一種というか、礼服の中に「喪服」が入る・・というイメージです。

正喪服が基準となります。他に準喪服略喪服があります。
(こちらも、正喪服、準喪服のみの説明です)

正喪服

・色は黒のみ
・常に光沢のない素材
・シンプルなデザイン (体のラインはあまりひろわない方がいい)
・つまった衿元、長袖が原則。(夏は6~7分丈でも可)
・ストッキングも黒
・コートも黒

一般参列のお通夜や告別式、親族のお通夜の場合は、準喪服になります。

準喪服

・黒を基本
・ワンピース、スーツ、アンサンブル
・地味であればレース使いや、その時々の流行を取り入れたデザインでも可。

このように、「礼服」と「喪服」では、意味もデザインも明確な違いがあります。

スポンサーリンク

ブラックフォーマルと喪服の違いは?

次にブラックフォーマルと喪服の違いについてです。

ブラックフォーマルとは?

先ほども書いたように、礼服のうち、「黒色の礼服」ブラックフォーマルと言うことが多いです。

使われるパターンとしては、3つくらいあります。

1喪服

ブラックフォーマルで喪服の例

喪服のことをブラックフォーマルと言う。このパターンが一番多いです。

上の「正喪服」「準喪服」の基準を満たした、
光沢のないシンプルなデザインで作られた服です。

2結婚式などの慶事用のフォーマルドレスやフォーマルスーツなどを指す

ブラックフォーマルで慶事用の黒いドレスの例

この場合、ブラックでも、喪服とは異なり華やかな生地だったり、それなりの光沢のある生地が使われることが多いです。

どちらかといえば、喪服と区別して「リトルブラックドレス」「フォーマルドレスの黒色」などと呼ばれるほうが多く、「カラーフォーマルの黒色」という表現もされます。

見た目も、「あっ、これは喪服とは違うよね(^^;)」という感じで、一見してすぐ分かるつくりになっています。

3 慶弔両用として売られているフォーマル服

ブラックフォーマル女性用は慶事OK?慶弔兼用やアレンジならOK?

時折「慶弔両方」として「ブラックフォーマル」が売られていることもあります。

礼服で「黒色」のもの、という位置づけで、喪のときにも慶事にも着られるというものです。

インターネットでも販売されています。

この場合、「お通夜、法事、入学式や卒業式対応」と書かれていて
「おめでたいときにも、喪のときにも着られる服ですよ」といった説明がされていたりもします。

このような感じで、ブラックフォーマル>喪服 というような、

ブラックフォーマルの一種に喪服がある、というイメージです。

ブラックフォーマルを女性も慶事に着回して大丈夫 ?

1は分かりやすいですし、

2も写真で見れば、「ああ、これはおめでたいときの服でお葬式には着ていけないよね」と分かるのですが、

問題は3です。

ブラックフォーマルで慶弔両用だから、慶事に着回して大丈夫だよね!?

「慶弔両用」と書かれているから、「あれ?ブラックフォーマルってお祝いのときにも着ていいんだ!」とか、

「そういえば、男性のブラックフォーマルってお葬式にも結婚式にも着ていけるよね?じゃあ、女性も同じタイプの服ってあるんだ!

って思うかもしれませんよね。

っていうか、私もブラックフォーマルを調べていたとき、そうなのかな?って思ったときがありましたよ(^^;)

お祝いごとにも喪のときにも1着で着回せるのなら便利ですし、経済的にも助かりますので・・。

けれども、ここはかなり微妙な問題ですので、慎重に判断した方がいいです!

では、次の記事は、「ブラックフォーマル女性用(慶弔両方デザインとして作られたものも含めて)を慶事に着て本当にだいじょうぶなのか!?」について、

徹底解説したいと思います!

(次の記事はコチラです↓)

ブラックフォーマル女性用は慶事OK?慶弔兼用やアレンジならOK?

レディースブラックフォーマルは慶事にも着回してもいいのでしょうか? ネットでは、サイトによって「慶事に着回してもいい」...

関連記事

今回のブラックフォーマルのほか、セミフォーマル平服インフォーマルなど分かりにくいドレスコードについての記事をまとめています。

ドレスコードで女性なら服装は?その種類や違いは?正装とカジュアルどう違う?

冠婚葬祭や、あらたまった式で求められる「ドレスコード(服装の決まり)」についてまとめています。 普段から着ないだけに、いざとな...
スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。