パンプスでエナメルとスムースどっちがいい?スエードは?素材の種類おすすめは?

パンプスでエナメルとスムースどっちがいい?スエードは?素材の種類おすすめは?
パンプスの素材に迷っている方へ!
パンプスのスムース、エナメル、スエードどれがいいか迷いませんか?
せっかく買うなら、いっぱい履けたり、服に合わせやすかったりするものがいいですよね!?

履き回しやすいおすすめの素材はどれかとか、
素材それぞれに特徴があるので、
こういうときはエナメル選んだ方がいいよ!
また別のときは、スエードがいいよ!っていうのを
具体的に説明していますので、

迷っている方はぜひ読んでみてくださいね(*^_^*)

スポンサーリンク

パンプス選ぶならエナメルかスムースどっちがいい?

パンプスってデザインも素材もたくさんの種類があって選ぶのに迷いますよね(>_<)

今回はパンプスの「素材」のおすすめについてお伝えしていきます。

パンプスを選ぶときに、
「あっ、エナメルパンプス可愛いな!でも、普通の革素材(スムースのこと)のパンプスの方が履きやすい?でも地味な感じがするしな・・・。せっかく買うなら可愛い見た目の方がいいしな・・・」
って、考え出すと、延々と迷ってしまいませんか?(^_^;) 私は優柔不断なんでめっちゃ迷います(^_^;)

そこで、どっちが使いやすいか、それはどうしてなのか?
それぞれに利点があるので、どういうときはどっちを選べばいいか、など、
延々と(苦笑)お伝えしていきますので、ムダ買いを防ぎたい方はどうぞお読みください(*^_^*)

パンプスでエナメルとスムースの違いって?

まずですね、パンプスの素材の「スムース」と「エナメル」について簡単に説明すると・・

パンプスの素材 スムースとは?

パンプスの素材 スムースとは?

スムースとは「smooth(滑らか)」という意味で、その名の通り、滑らかな革を指します。

革本来の滑らかさを生かした素材のことを指します。

スムースといってもたくさんの種類がありますし、合皮でも外観を滑らかな本革皮革のような風合いにしているものも含まれます。

パンプスの素材 エナメルとは?

パンプスの素材 エナメルとは?
パテントとも呼ばれます。エナメルとは、皮革の上にウレタンの樹脂を吹き付けてコーティングしてある素材のことを指します。

イメージとしては、革の上から柔らかいアクリルやプラスチックを貼り付けているような感覚です。

ですので、独特の光沢と艶があり、コーティングしているため防水性があり、汚れにくいためお手入れしやすいという特長があります。

こちらも本革だけでなく、合皮に加工を施してエナメルのような光沢を出しているビニールエナメルというものもあります。(一般的には本革と比べると、劣化しやすいと言われています)


スポンサーリンク

パンプスでスムースとエナメル迷ったらどっちがいい?

エナメルはお手入れしやすいというのはいいのですが、独特の光沢があり、主張が強いという特徴があります。

スムースの方が主張しない分、仕事、フォーマル、冠婚葬祭、よそ行き用、普段づかいなどで、使えるシーンが多く、履き回ししやすいため、使いやすいです。

また、エナメルは表面加工されているため、革が伸びにくいという特徴があります。

本革スムースなら、履き慣れてくると革が伸びてくれたりするので、履きやすさという点でも上です。

合皮スムースは伸びるということはないですが、「合皮スムースの黒パンプス」であれば、あとでも説明しますが、メーカーによってはサイズ展開が豊富だったりしますので、足に合った物を選びやすいです。

特に、普段はカジュアル系なので、パンプスはほとんど持っていない!とか、
普段はパンプスってほとんど履かないけど、きちんとした場やフォーマル用に一足は持っておきたい・・という場合などは、

スムース素材
ヒールあり(ヒール苦手なら5センチくらいの低めで十分です)
極力シンプル、プレーンな形(ストラップとか飾り一切ナシ)
黒色

こういうパンプス一択です!

これ持っておくと本当に便利です。

こんな感じのやつです↑

こういうベーシックデザインの黒パンプスメーカー激戦区なんですね。

ですので、様々なメーカーやブランドから履きやすいパンプスが出回ってますので、ぜひ自分の足に合う物をじっくり選んでみるといいですよ。

参考記事
痛くならないパンプスの選び方を徹底的にまとめています。
パンプス痛くないものの選び方!疲れず靴擦れしないためやブランドのおすすめは?

パンプスを履くと靴擦れして痛い! でも仕事で履かないといけないから、痛くならない、疲れないパンプスが欲しい! 合わないパンプ...

ちなみに、上の写真のものは、「機能性パンプス」といって、履き心地や疲れにくさを重視したパンプスのなかでもコスパがよいもので、

私は、実際にこれを履いて走ったりもしましたが、全然靴擦れもなく、疲れず歩きやすくて良かったですよ。詳しいレビューはこちらに書いています。

レディワーカー履き心地レビュー!歩きやすいパンプスでアシックス製はどう?

アシックスの疲れないパンプス「レディワーカー」を買ってみたのでレビューします! 履き心地はどうか? 実際に履いてみて、履きや...

で、繰り返しますが、なぜ

スムース素材
ヒールあり
極力シンプル、プレーンな形
黒色

がいいかというと、こういうデザインのパンプスだとフォーマルの基準を満たしているので、冠婚葬祭に使うことができます。

さらに色が黒だと、お葬式にも対応できるし、仕事でも使えるので

いざ!という場面になっても、「ちょうどいいパンプスがなくて困る!」ということはまずなくなります。

これが「エナメル素材」となると、お葬式や仕事場面では使えなかったりしますので、
スムース素材の方が、汎用性が高くて使いやすいです。(あとで説明するスエードも使えないです)

というわけで、「まずはとりあえず一足パンプスが欲しい!」という状況なら、
スムース素材の黒パンプス!がおすすめです。

パンプスでエナメルはどう?

スムース素材のパンプスはすでに持っていて・・・
という場合なら、足元の変化をつけるためにエナメルやパテントのパンプスを持っていると便利です(*^_^*)

エナメルパンプスはよくも悪くも「主張が強い」です。

ポインテッドトゥなら、「かっこいいorキレイなお姉さん系」になりますし、

逆に、
アーモンドトゥやラウンドトゥであったり、コロンとした可愛いフォルムなら、「可愛いお嬢さん系」と、

イメージがガラッと変わるので、コーデのポイントになってくれます。

1足目がスムース素材のプレーンデザインのスクエアトゥのパンプスなら、
次はポインテッドトゥのエナメルパンプスを大人かっこいい感じで履こう!みたいな・・

手持ちのものと比較しながら選ぶといいですよ。

あとは、エナメルパンプスのについてですが、

黒を選びがちですが、もちろん黒もいいのですが、意外なおすすめはベージュ系です。

まずベージュ靴の利点として、肌なじみがいいので選ぶ服や小物を選ばないっていうのと、肌と同化する色なので足長効果がでます。

ただ、ベージュ系の靴はともすればボヤッとした印象になったり、ひどいと老けた感じになったりもしてしまうんですが、

素材がエナメルだと艶感と光沢があるために、肌の血色がよく見えていいことずくめになります。

また、ベージュはオールシーズン履きやすいです。

黒だと、合わせ方によって春夏は重たく見える場合があります。コーデ次第といった感じなんですが、
ベージュだと春夏でも全く違和感ない色ですので、気軽に服に合わせやすいというメリットもあります。

エナメル素材は、防水性や汚れに強いという特性があること、
お手入れが要らない一方で、キズや汚れがつくと修理が難しく、経年劣化するという特徴があります。

なので、コスパのよい商品で済ませて、はきつぶすというのもいいし、
防水性の高さを生かしてレインパンプスとか晴雨兼用で履けるパンプスがありますので、そういうのを選ぶと履けるシーンも広がります。

パンプスを少ない数で済ませたいなら、
晴れの日はスムース素材のパンプス、
小雨の日はエナメルの晴雨兼用パンプス・・・みたいに、

天候によって履き分けることもできます。

ちなみにガッツリ雨がふるときは、素直にレインブーツがおすすめです(^_^;)

関連記事
レインブーツで使いやすかったもののレビューです。
レインブーツ折りたたみできて軽量♪安くてかわいいトドスの購入レビュー!

レインブーツでロングサイズとなると、女性にとっては重かったり、足が痛くなるものも多いし、かさばるので持ち運びもしにくいので、なかなか...

パンプスでエナメルとスエードで選ぶならどっちがいい?

パンプスでエナメルとスエードで選ぶならどっちがいい?
スエードは、皮の裏面を起毛させて使っている素材で、独特の光沢感とあたたかみがある素材のことを言います。

で、パンプスでエナメルとスエードならどっちがいい!?と言われると、
結論から言いますと、

靴に主張やアクセントを持たせたいならエナメル。
エナメルほど主張せず履きたい、コーデになじませたい・・ならスエード。

となります。

エナメルの特徴をもう一度おさらいしますと、

・光沢がありキレイ。その分よくも悪くも主張が強い
・表面加工されているので、お手入れが簡単。水や汚れにも強い
・加工されている分、自身でお手入れして長く使うというのは難しく、経年劣化する
・比較的オールシーズン履きやすい

こんな特徴があります。

靴にポイントや主張を持たせたいときや、
エナメルの質感が好き、
お手入れをする手間を少なくしたい場合、
オールシーズン気にせず履きたいとき、
(黒エナメルでも合わせ方を工夫すれば大丈夫です)

なんかの場合はエナメルパンプスがいいです。

一方で、スエードの場合は、起毛させていますので、柔らかさやあたたかさが出て、マイルドなイメージになります。肌なじみもしやすいです。

ともすれば、キツい印象になりがちなポインテッドトゥも、スエード素材ならほどよい柔らかさが加わるので見た目的に苦手な人も履きやすいですし、

そのマイルドさ、肌なじみしやすさを生かして、イエローとかパステルカラーとか、思い切ったカラーも取り入れやすい利点があります。

あたたかみがある素材なので、秋冬のイメージが強いですが、
最近では春夏にもスエードパンプスはたくさん出回っていて、基本的には一年中履けると考えて大丈夫です。

ただ、色で季節感の違いが出ます。

黒、ダークブラウン、ボルドーといった濃い色は秋冬向きになり、

一方で、白、パステルカラーなどの薄い色は春夏向きです。

濃すぎないグレー、ネイビー、ベージュといった色なら、コーデによっては一年中履くこともできますので、履き回しを考えるならこういった色がおすすめです。

スエードのデメリットは、起毛させているので、汚れがつきやすいことです。
長く使いたい・・という場合は、スエード用のブラシやクリームを持っておいた方が良かったり、マメにお手入れする必要があったりしますので、

その手間がとれるかどうか・・・というのを考えておいた方がいいですよ。

ちなみに私の個人的な考えとしては、3児ママで絶賛ワンオペ育児中ですので、
手間暇がかかるアイテムは一切持ちたくない主義です(苦笑)

ですので、子どもが小さいうちは、スムースパンプスはコスパのいい合皮のもの(手間がかからないので)、あとは扱いやすいエナメルパンプスを所持しておこうと思っています。参考になればです(^_^;)

あとは、お手軽に、コスパのいいスエードパンプスを買って、短期間ではきつぶす・・というのもいいかもしれません。足にあうものがあるようでしたら、こういう使い方もあります。

パンプスでスムースとスエードとエナメルの違いや特徴をまとめると?

では、パンプスの「スムース、スエード、エナメル」の違いやおすすめ選び方をまとめるとこうなります。

パンプスのスムース素材とは?その特徴は?

革本来の滑らかな風合いを生かした素材です。

特にシンプルデザインの黒パンプスは、社会人やママ世代の方なら一足は持っておくのをおすすめします。
一番主張をしない素材なので、仕事、フォーマル、日常使いと汎用性が高くて、
いろんなシーンで履き回しを考えているならこれが一番使いやすいです。

パンプスのエナメル素材とは?その特徴は?

革や合皮をコーティングしているので、お手入れしやすいという利点があり、手入れをラクにしたいという方向けです。

独特の光沢があり、パンプスに主張が出ます。それがいいか悪いか・・とらえ方によって好みが出ます。

パンプスのスエード素材とは?その特徴は?

革の裏側を起毛させている素材で、柔らかみとあたたかみがある素材です。

肌なじみしやすい素材なので、思い切ったカラーを取り入れることもしやすいですし、

一方で、ダークカラー系だと秋冬感が出ますので、オールシーズン履きたい場合は色を選ぶ必要があります。

デメリットとしては、起毛しているため汚れがつきやすい、というのがあるので、お手入れの手間がとれるかどうか・・・も、選ぶポイントになってきます。

パンプスでエナメルとスムースどっちがいい?スエードは?素材の種類おすすめは?さいごに

パンプスはものすごい種類と色がありますので、いったん迷い出すと、なかなか選べないですよね(^_^;)

そういうときは、素材の違いやそれぞれのイメージを知った上で、
一足だけ欲しいのか、それともシーンによって数足使い分けしたいのか・・など、
自分のファッションスタイルや手持ちのパンプスと比べながら考えていくと、いいかもしれません。
お気に入りのたくさん履けるパンプスが見つかるといいですよね♪

関連記事
パンプスの選び方についての記事まとめです。何を選べばいいか分からない方どうぞです。
パンプス選び方まとめ!靴擦れしないためには?黒色なら?素材など

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

Parse error: syntax error, unexpected '<', expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/setuyaku224/add-mama.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2/analytics.php on line 42