春巻きで揚げない炒めないからヘルシーなのに簡単美味しいレシピとは?

春巻きで揚げない炒めないからヘルシーなのに簡単美味しいレシピとは?

少しずつ温かくなってきて、皆でお出かけやピクニックに出かけたい季節になってきました♪

熱々のまま食べても美味しいし、お弁当のおかずにもなる、春巻きのレシピで、「揚げない、具を炒めない簡単レシピ」です!

自宅にある保存食材で作れて、工夫すれば包丁すら使わず作ることも可能な簡単さなので、短時間でぱぱっと作って夕飯のおかずやお弁当のおかずにしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

春巻きで揚げない炒めない簡単なのに美味しいレシピ

実はこれ、2011年にテレビ朝日で放送された「ウチゴハン」という番組の、
「春雨とツナの簡単春巻き」というレシピです。

ちょっと、昔のレシピなんですが、

 最初に書いたように、
・自宅の保存食材で作れる
・揚げない
・炒めない
・時短料理 手間がかからない
・何なら、包丁すら使わずに作ることも可能

という、メリットいっぱいなのに、うちの子たちは大好きで、作ったらみんな奪い合ってペロッと食べてしまうくらい美味しい味です♪

とっても簡単にできるので、ぜひレシピをシェアしておきたいと思います。

揚げない炒めない簡単美味しい! 春雨とツナの春巻きのレシピ

材料

春雨  30g
車麩  2枚


長ネギ 1本


ツナ缶  60g
しょうゆ 小さじ1
ごま油  小さじ1
オイスターソース 大さじ1


春巻きの皮 10枚
水  大さじ1
小麦粉  大さじ1


サラダ油  大さじ4


(春巻きのソース)
ケチャップ  大さじ2
酢      大さじ1
豆板醤   小さじ4分の1(辛いのが苦手なお子さんにはなくていいです)

作り方
①  水に15分つけた春雨をキッチンハサミで4等分に切る。
(もちろん包丁でもいいですが、ハサミの方が案外切りやすいです)

*水で戻らない場合もありますので、その場合は、お湯で茹でてください。

② 水にひたした車麩の水気を絞って、手で適当な大きさにちぎります。

車麩が売っていない、あるいは安くしたい場合は、普通のお麩でも大丈夫です♪

③ 長ネギをタテ半分に切り、それをななめ薄切りにします。

④ ボウルに、春雨、油を切ったツナ、車麩、長ネギ、しょうゆ、ごま油、オイスターソースを入れて、混ぜます。

*これで、具の完成です!! 早い!

⑤ のりを作ります。小さいお皿に水と小麦粉を混ぜておきます。

⑥ 春巻きの皮に、④の具をのせ、⑤の、のりをつけて巻いていきます。

⑦ フライパンに春巻きを並べます。その上から、サラダ油をふりかけ、中火にかけます。

4~5分焼き、焼き色がついたら返して、同じように焼きます。

(中の具材は、基本的に火を通さなくても食べられる食材なので、火加減に神経質にならなくても大丈夫です。表面に焼き色がつけばOKです!)

⑧ ソースを作ります。
ボウルに、ケチャップ、酢、豆板醤(辛いのが苦手な人はなくてもいい)を入れて、混ぜます。

できあがりです♪

揚げない炒めない「春雨とツナの春巻き」をもっと簡単に作るポイント

作り方③のところ、長ネギを切るところですが、
時間のあるときにあらかじめ長ネギを切って、冷凍保存しておくと、
この③の部分を省略できます。

(作る前に、切ったネギは自然解凍して水気をよく切るようにしてください)

すると、全く包丁を使わずに春巻きが作れちゃいますので、めちゃめちゃ簡単にできます♪

スポンサーリンク

春巻きなのに揚げない炒めないこのレシピならヘルシーになる?

通常の揚げるタイプの春巻きのカロリーは100gあたり、199kcalです。

天ぷらやフライよりは油の吸収率はマシなのですが、小麦粉の衣で巻いているので、どうしても油を吸ってしまいます。

このレシピは、揚げるのではなく少量の油で焼きますので、カロリーカット効果が期待できます。

もっとヘルシーに食べたい!というのであれば、フライパンホイルを敷いて、油ナシで焼くと、よりカロリーダウンできます。


旭化成クックパー フライパン用ホイル 20cm×3m (フライパンホイル20CM*3M)

春巻きで揚げない炒めない簡単なのに美味しいレシピ!破れないポイントは?最後に

普通、春巻きのレシピって、

具材を細く切る

炒めて、味付けする

冷ます

皮で包む

油で揚げる

・・と、とても工程が多いんですよね(-_-;)

私は春巻き好きなのですが、作るとなると、この工程を見るだけでやる気なくします・・w

けれども、このレシピは材料がとてもシンプルなので、思い立ったら春巻きの皮さえ用意すれば、家にある材料ですぐに作れて食べられます(*^_^*)

油の使用量も少ないのでヘルシーです!

ネギをあらかじめ切っておけば、包丁を出さなくて済むので、お子さんと一緒に作れますし、
おかずの一品、お弁当のおかずにぱぱっと作ってみてください♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。