豚丼に合うおかずは?献立がスープなら?副菜や付け合わせで栄養があるおすすめは?

豚丼に合うおかずは?献立がスープなら?副菜や付け合わせで栄養があるおすすめは?料理
料理

豚丼に合うおかずは?献立がスープなら?副菜や付け合わせで栄養があるおすすめは?

豚丼に合う付け合わせで味と栄養バランスがいいものをお伝えします。

豚丼だけだと、野菜などが足りず、栄養面でもちょっと心配ですよね。

そこで、豚丼と栄養面で食べ合わせのいい食材についてお伝えした上で、おすすめの副菜をお伝えしていきます。

また、丼には汁物って相性がいいですので、豚丼に合うスープについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

豚丼に合うおかずで栄養バランスがいい食材は?

豚丼って美味しいですし、食べ応えもありますし、子供にも人気があることが多くって、よく作ったりされるかなと思います。

我が家でもよくランチに作ったりします(*^_^*)

 

豚丼の豚肉は栄養価が高く、それだけでも豊富に栄養が含まれているのですが、他の相性のいい食品と食べ合わせることで、更に、効果が高まります。

ちなみに豚丼のレシピは、こんな感じのものがいいですよ~。

豚丼スタミナレシピ!その疲労回復効果や栄養素は?副菜おすすめは?

豚丼スタミナレシピ!その疲労回復効果や栄養素は?副菜おすすめは?
季節の変わり目、忙しいとき、疲れているとき、簡単で栄養満点、スタミナのつく料理があると助かりますよね。  そういうとき簡単でささっと作れる豚丼はおすすめです。そこで、栄養バランスも考えた簡単美味しい豚丼のレシピとその疲労回復効果や栄養素についてお伝えしていきます。  また、おすすめ副菜などもお伝えしていきます。

 

このレシピだと、タマネギ、キャベツが豚丼に入っていて、豚に含まれるビタミンB1に加えて、アリシン、ビタミンCが含まれており、栄養価が高くバランスがいいレシピになっています。

もし時間がない場合は、このレシピだけでも栄養がしっかりとれるようにしています(*^_^*)

 

豚丼に合うおかずは?まずは合う食材を知っておく

まずは、豚丼と栄養的に相性のいい食材をまとめておくと、こんな感じです。

 

食べ合わせたい食品   期待できる効果

ニンニク・玉ねぎ    疲労回復、新陳代謝の促進

キノコ・ワカメ     コレステロール低下作用

ブロッコリー     ストレス軽減 美肌効果
かぼちゃ・サツマイモ

 

解説していきますね。

 

まず、ニンニクや玉ねぎには、ビタミンB1のエネルギー代謝を助ける役割を持つアリル化合物が含まれており、食べ合わせることで疲労回復や新陳代謝の促進が期待できます。

 

次に、豚肉の脂肪分が気になる方は、しめじやワカメ、こんにゃくなどと一緒に食べるといいです。

食物繊維脂肪の吸収を抑えたり、コレステロールを取り除く作用があります。

 

疲労回復、美肌や老化防止におすすめなのが、ブロッコリーやかぼちゃ、サツマイモです。

これら食材にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはストレスが多いと大量に消費されますので、ストレスや疲れがあるときは積極的にとるようにしてください。

 

また、ビタミンCには美肌効果もあります。豚肉のたんぱく質と一緒に摂ることで、コラーゲンが増えてハリのある肌を保つことができます。

また、かぼちゃやサツマイモに含まれるビタミンEはたんぱく質と結合して体内に吸収され、老化の進行を抑制する効果があります。

 

スポンサーリンク

豚丼の献立がスープならおすすめは?

豚丼がこってりした味付けなので、

お吸い物、
けんちん汁

などの薄味のものだと食べやすいです。

 

また、栄養バランスから考えると、

きのこの吸い物、味噌汁
わかめの味噌汁
根菜類の味噌汁、お吸い物

などにすると、きのこやわかめに含まれている食物繊維が脂肪の吸収を抑え、血糖値の吸収も緩やかにしてくれるので、おすすめの食べ方ですよ。

 

豚丼の献立をスープにする場合のオススメ例

他に相性のいいスープだと、こんなものがあります。

ニラと卵のかき玉汁

ニラは栄養豊富な食材で、その中でもアリシンがビタミンB1の吸収を促進させますので、豚丼との相性がいいです。

 

トマトスープ

トマトには豊富なクエン酸が含まれています。疲労回復に役立つ効果があり、ビタミンB1との相乗効果が期待できます。

 

豚丼の副菜や付け合わせで栄養バランスがいいおすすめは?

スープ以外のおすすめ副菜、付け合わせはどんなものがあるでしょうか。

 

豚丼の副菜おすすめ1 酢を使った漬け物類

酢にはクエン酸が含まれています。ビタミンB1と一緒に摂ると効果的ですし、さっぱりしていますので、豚丼との相性もいいです。

例:漬け物、ピクルスなど

 

豚丼の副菜おすすめ2 キャベツサラダ、レタスサラダ

王道ですけれども(笑)、豚丼がこってりしていますので、さっぱりしたものが食べやすいです。
ドレッシングをかけて食べると、クエン酸が摂取できますので、おすすめの食べ方です。

 

 

豚丼の副菜おすすめ3 ポテトサラダ

じゃがいもにはビタミンCが含まれており、しかもじゃがいものビタミンCは加熱しても損失しにくい特長があります。
お肉とポテトとの相性は抜群で、どんどん食べられます。

ポテトサラダで日持ちする作り置きにも便利なレシピです↓

ポテトサラダの日持ちするレシピ!冷蔵庫で作り置きは何日?冷凍できる?

ポテトサラダの日持ちするレシピ!冷蔵庫で作り置きは何日?冷凍できる?
 ポテトサラダ美味しいけど面倒だから作り置きしたい!作り置きなら翌日に食べたりお弁当にサッと入れられるので便利♪普通のレシピだとあまり日持ちしないので長持ちするレシピをお伝えします。簡単かつ美味しく作れます。作り置きの場合、冷蔵庫だと何日持つ?冷凍ってできるの?こんな疑問にもお答えします♪

 

豚丼の副菜おすすめ4 きんぴらごぼう

根菜類には、食物繊維が豊富に含まれており、脂肪や余分なコレステロールの吸収をおさえてくれます。

 

濃いめ甘辛味ですので、どんどん食べられるレシピです↓

きんぴらごぼうレシピで作り置きできる味付け濃いめ甘めのもの!日持ちは?

きんぴらごぼうレシピで作り置きできる味付け濃いめ甘めのもの!日持ちは?
きんぴらごぼうの人気レシピをアレンジした作り置きOKなレシピです。 毎回作るのは面倒ですので、一度にたくさん作って日持ちがきくような甘め濃いめの味付けにしてあるので、常備菜にぴったりでお弁当のおかずにも向きます♪ さらにあとでアレンジやリメイクをしやすいような工夫もしていたり、日持ちについてもお伝えします。

 

豚丼の副菜おすすめ5 ナムル

野菜がたくさん摂れるのでおすすめ。
様々な種類のビタミンを摂ることで相乗効果が期待できます。

 

豚丼に合うおかずは?献立がスープなら?副菜や付け合わせで栄養があるおすすめは?さいごに

豚丼に使われている豚肉は栄養豊富でぜひ積極的にとってほしい食材です。
付け合わせも、簡単なものでいいので、上記のようなものを合わせると、ぐっと栄養価が高まるので、ぜひ献立に取り入れてみてください(*^_^*)

忙しいときは、最初の方にご紹介した、豚丼スタミナレシピだけでもおすすめですよ。豚肉と相性のいい野菜を一緒に摂ることができます。ぜひ試してみてくださいね。

 

豚丼スタミナレシピはこちらからも見ることができます。
豚丼スタミナレシピ!その疲労回復効果や栄養素は?副菜おすすめは?

スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました