ローストビーフで子供も大丈夫なウェルダンレシピ!赤くないから安心!

ローストビーフで子供も大丈夫なウェルダンレシピ!赤くないから安心!

小さい子がいるお家でも安心して食べられるウェルダンのローストビーフの簡単レシピです♪

中までギリギリ火を通している状態なので、赤くないのに柔らかくて美味しく食べられます。

しかも電子レンジ調理なので、楽々できます。

「赤いローストビーフって子供に食べさせて大丈夫なの!?」と悩むくらいなら、
しっかり焼いたローストビーフをサクッと作って食べれば安心・安全です!

スポンサーリンク

ローストビーフって子供が食べても大丈夫なの?

今日ご紹介するローストビーフは中まで加熱するので、中心部は赤くありません。

普通のローストビーフっていうのは、内部がピンク色で、ロゼという状態でして、
このロゼというのは、生とは違い、火は通っている状態だそうです。

そのため、「生とは違い、火が通っている状態だから、子供に食べさせても大丈夫」とインターネットでは書かれていたりもしますが・・。
一方で、私の周りにいる医療関係者たちに聞くと、「子供の抵抗力や保存方法や作り方、感染症の時期によっては、なんとも言い難く、子供に食べさせることは心配」ということも言います。

「食べさせていいのかな?どうしようかな?」と迷うくらいなら、
いっそ、火を通ったレシピにしてしまえば、安心・安全に子供たちに食べさせてあげることができます(*^_^*)。

火が通っているからといっても、
電子レンジ加熱して、その後の余熱でお肉の内部に火を通していくレシピですので、
肉が固くなりすぎることなく、柔らかく仕上がります。
たくさん食べられますよ!

では、さっそくレシピです。

スポンサーリンク

ローストビーフのウェルダンのレシピ!赤くないので子供にも安心・安全♪

【材料】
牛ブロック肉 200~300グラム
塩こしょう  適量

【ソースの材料】
しょうゆ 大さじ3
酒    大さじ1
砂糖   大さじ1
みりん  大さじ1
酢    大さじ二分の一

【作り方】
① 塩こしょうを、肉全体にまぶして、味をなじませます。

② 耐熱皿にお肉を入れ、ふんわりとラップをかけてレンジ加熱します。

レンジ加熱時間の目安です。

200g  600Wで4分(500wなら4分30秒)
300g 600Wで6分(500wなら7分20秒)
400g 600wで7分 (500wなら8分)

③ レンジ加熱が終わったら、肉汁を別のお皿にうつし(肉汁はソースに使うので捨てないでください)お肉をアルミホイルで巻き、その上からもう一度ラップをかけ、放置します。
(注:とっても熱くなっているので、注意して扱ってください!)

④  お肉が手でさわれるくらいに温度が冷めれば、じゅうぶん火が通っています。

⑤  仕上げとして、フライパンで焼き目をつけます。

【ソース作り】

⑥  ⑤で使ったフライパンを洗わず、そのまま、ソースの材料と肉汁を入れ、煮詰めていきます。

⑦ とろっとしてきたら、できあがり。ローストビーフにかけていただきます。

ローストビーフで子供も大丈夫なウェルダンレシピ!のまとめ

アルミホイルに包んだ後の放置時間により、加熱の度合いが違ってきますので、加熱しすぎないよう、お肉が手でさわっても温かいくらいのところで、ホイルを外すといいです。

しっかり加熱したい場合は、長めに放置しておきましょう。

子供にローストビーフを食べさせる場合は、肉表面の塩こしょうをペーパータオルで落としてからあげると、味が濃すぎません。

ソースもごく少量にしてあげてください。

長男がローストビーフが大好きで、作ってあげるといつもとんでもない量を食べるのですが(^^;)
このレシピだと、しっかり加熱しているので、たくさん食べても食中毒の心配ナシです。

家族みんなで安心してローストビーフを食べたい場合はウェルダンレシピがおすすめです♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。